ユーザーレベル セキュリティについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーレベル セキュリティ機能は、Access Web アプリ、Web データベース、または新しいファイル形式 (.accdb、.accde、.accdc、.accdr) を使用するデータベースでは使用できません。

以前の Access のファイル形式 (.mdb ファイル、.ade ファイルなど) を使用する Access デスクトップ データベース ファイルで、ユーザーレベル セキュリティを引き続き管理できます。この方法は、既存のユーザーレベル セキュリティ ソリューションを引き続き使用する場合にのみお勧めします。

注: Access 2007、Access 2010、Access 2013 または Access 2016 では、[既定のワークグループ情報ファイルを指定するユーザー レベル セキュリティ ウィザードを使用している場合も使う必要があります/WRKGP コマンド ライン スイッチ Access を起動したときに、ワークグループ情報ファイルを指すようにします。詳細については、アクセス権を持つコマンド ライン スイッチを使用して、「 Microsoft Office 製品のコマンド ライン スイッチ」を参照してください。

以前の形式のデータベース ファイルに対するユーザーレベル セキュリティを管理する

注: ユーザーレベル セキュリティを引き続き使用する場合は、データベースを新しいファイル形式に変換しないでください。ユーザーレベル セキュリティ機能を実行できるのは、.mdb ファイルなど、以前の Access のファイル形式を使用するデータベースに限られます。

  1. 管理対象のユーザーレベル セキュリティが設定されているデータベースを開きます。

  2. [データベース ツール] タブの [管理] グループで [ユーザーと権限] をクリックします。

  3. 次のコマンドのいずれかをクリックします。

    • ユーザー/グループの権限   ユーザーやグループの権限の許可や取り消しを行う場合に使用します。データベース オブジェクトの所有者を変更する場合にも使用します。

    • ユーザー/グループのアカウント    ユーザーまたはグループを作成または削除する場合、ユーザーのパスワードまたはグループ メンバーシップを変更する場合、およびデータベースのログオン パスワードを変更する場合に使用します。

    • セキュリティ ウィザード    セキュリティで保護されていないデータベースのバックアップ コピーを作成し、ユーザーレベル セキュリティ機能を実装する手順を案内するセキュリティ ウィザードを開始する場合に使用します。

      注: これらのコマンドは、新しいファイル形式を使うデータベースでは利用できません。

その他のセキュリティ機能

セキュリティをより強化するために、次のいずれか、または複数の機能の使用を検討してください。

  • 暗号化     暗号化ツールは、他のプログラムまたはツールを使ってデータを読み取ることを防止します。また、ユーザーがデータベースを使うときにパスワードの入力が求められるようになります。この暗号化ツールは、新しいファイル形式を使用するデータベースでのみ使用できます。Access で [ファイル]、[パスワードを使用して暗号化] の順にクリックします。

  • データベース サーバー    ユーザー セキュリティを管理する Microsoft SQL Server などのデータベース サーバーにデータを格納します。この場合、Access を使用してサーバーのデータとリンクさせ、クエリ、フォーム、およびレポートを作成します。この方法は、すべての Access ファイル形式で保存されたデータベースで使用できます。

  • SharePoint サイト    ユーザー セキュリティ、およびオフライン作業などその他の便利な SharePoint 機能を活用できます。使用している SharePoint 製品に応じて、充実した実装オプションが用意されています。新しいファイル形式のデータベースでのみ使用可能な SharePoint 統合機能もあります。

  • Access アプリ   Accessで web ブラウザーで実行するオンラインのアプリを構築できます。このオプションでは、サーバー ベースのセキュリティを使用することができます。Access 2013 と Access 2016 の Access web アプリの作成の詳細については、「 Access アプリを作成する」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×