ユーザーを追加、変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [ユーザーの管理] をクリックします。

  3. [ユーザーの管理] ページの [新しいユーザー] をクリックします。

    既存のユーザーの設定を変更するには、テーブル内で該当ユーザーの名前をクリックし、ここで説明する残りの手順を実行します。テーブルに目的のユーザー名が表示されない場合は、ユーザー名の全部または一部か電子メール名を入力して [検索] をクリックし、ユーザーを検索します。

  4. [新しいユーザー] ページ (既存のユーザーを修正する場合は [ユーザーの編集] ページ) の [ID 情報] セクションに、ユーザーの表示名、電子メール アドレス、ふりがな、頭文字、および RBS の値を入力します。

    そのユーザーがチームの Web サイトを管理している場合は、[ハイパーリンク名] ボックスと [ハイパーリンク URL] ボックスに、ハイパーリンクのリンク先と URL アドレスをそれぞれ入力します。

    注: ユーザーとリソースをタスクに割り当てるには、ユーザーをリソースとして割り当てることができる] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスをオンすると、ユーザーがエンタープライズ リソースを指定します。

  5. [ユーザー認証] セクションで、ユーザーがログオンするときの認証方式を選択します。

    • Windows 認証     この認証方法を選択する場合は、DomainName\UserAccountName の形式でユーザーのアカウント名を入力します。同期されている、組織の Active Directory ディレクトリ サービスからのユーザーの情報を防ぐためには、このユーザーを防ぐ Active Directory 同期のチェック ボックスを選択します。

    • フォームの認証    この認証方法を選択する場合は、MemberShipProvider:UserAccountName の形式でユーザーのアカウント名を入力します。

      重要: アカウント名の正確な形式は Microsoft Office Project Server 2007 の設定中に決まるため、ここで示した形式とは異なる場合があります。システム管理者や Project Server をインストールした担当者に確認して、アカウント名の形式を判断してください。

  6. [割り当ての属性] セクションで、プロジェクトにリソースとして割り当てるユーザーの能力に関する次の情報を入力します。

    • このユーザーを平準化プロセスから除外するには、[リソースは平準化可能] チェック ボックスをオフにします。次に、そのユーザーに割り当てる基本カレンダーを選択します。

    • [コミット済み] または [仮予約既定の予約の種類] ボックスの一覧で、ユーザーの予約の種類を選択します。

    • そのユーザーにタイムシート管理者がある場合、[タイムシート管理者] ボックスにその管理者の名前を入力するか検索します。

      既定の割り当て所有者] ボックスの種類の割り当て所有者の名前を検索します。

    • そのユーザーの利用の可否を指定するには、[最早利用可能日] ボックスと [最遅利用可能日] ボックスに日付を入力します。

      ヒント: 日付選択コントロール カレンダー ] をクリックし、[カレンダーの日付] をクリックします。

  7. [リソースのユーザー設定フィールド] セクションで、自分の組織用に作成されたユーザー設定フィールドを表す値を入力します。このセクションは、リソースのユーザー設定フィールドを使用している場合にのみ表示されます。

  8. [セキュリティ グループ] セクションで、[利用可能なグループ] テーブルのグループをクリックして、[追加] をクリックします。選択したリソースが、[追加するユーザーを含むグループ] テーブルに追加されます。

    [すべて追加] をクリックすると、このユーザーがグループの一覧のすべてのグループに追加されます。ユーザーは、そのグループに割り当てられたアクセス権を自動的に継承します。

  9. セキュリティのカテゴリ] セクションの [利用可能なカテゴリ] ボックスの一覧で、カテゴリ、ユーザーがアクセス、およびし、[追加] をクリックできますを選択します。すべてを追加するすべてのカテゴリにこのユーザーを追加する] をクリックします。

  10. [選択したカテゴリ] ボックスのそれぞれのカテゴリに対して、そのユーザーがそのカテゴリにアクセスするときのアクセス権を指定します。[グローバル アクセス権] セクションで、それぞれのアクセス権に対応する次のチェック ボックスをオンにします。

    • 許可     そのユーザーに明示的にアクセス権を許可するときに、このチェック ボックスをオンにします。

    • 拒否     そのユーザーに明示的にアクセス権を拒否するときに、このチェック ボックスをオンにします。

      注記: 

      • [許可] も [拒否] もオフの場合は、そのカテゴリにアクセスできませんが、そのユーザーに対して別のところで明示的にアクセス権が与えられた場合 (たとえば、そのユーザーが所属しているグループに対するアクセス権グループなどによって) はアクセスできます。

      • 通常は、ユーザー レベルではなくグループ レベルでアクセス権を設定する必要がありますが、そのグループのアクセス権で対応できない特定のアクセス権を設定するユーザーには、グローバル アクセス権を使用します。

      • アクセス権をユーザー レベルで [許可] に設定し、グループ レベルで [拒否] に設定した場合、そのアクセス権は拒否されます。ユーザー レベルで指定したアクセス権よりも、グループ レベルで指定したアクセス権が優先されます。

      • アクセス権をすばやく設定するときは、テンプレートを使用できます。[テンプレート付きのアクセス許可を設定] ボックスで、そのユーザーのアクセス権設定に適用するセキュリティ テンプレートを選択して、[適用] をクリックします。

  11. [グループ フィールド] セクションでは、組織がグループ化やコスト化のためにコードを作成していた場合は、それらのコードを [グループ] ボックス、[コード] ボックス、[コスト センタ] ボックス、または [コストの種類] ボックスに入力します。

  12. [チームの詳細] セクションでは、そのユーザーを既存のチームのメンバにする場合は、[チーム割り当てプール] チェック ボックスをオンにして、[チーム名] ボックスにそのチームの名前を入力します。

  13. [システム ID データ] セクションでは、そのユーザーの追加の識別情報を [外部 ID] ボックスに入力します。この情報は、人間を人事部の対応する情報に結合させたり、Project Server が提供する以上のリソース使用のレポートの統合を進めるときなどに使用できます。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×