ユーザーを無効化する

Project Server のユーザー アカウントを利用できないようにしなければならない場合があります。ユーザー アカウントを無効化すると、ユーザーの情報およびデータはデータベースに残りますが、そのユーザーを新たな割り当ての対象にすることはできなくなります。ユーザー アカウントは再度有効化するまで無効になります。

この記事の内容

ユーザーを無効化する

ユーザーを再度有効化する

ユーザーを無効化する

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [ユーザーの管理] をクリックします。

  3. 無効化するユーザーを選択し、[ユーザーの無効化] をクリックします。

注: ユーザーを無効化すると、Project Server 上の対応するアカウントが無効になります。無効化されたユーザーは、割り当て更新の送信など、Project Web App の機能を実行することはできなくなります。

ページの先頭へ

ユーザーを再度有効化する

無効化したユーザーを、その後、再度有効化することができます。

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [ユーザーの管理] をクリックします。

  3. [ユーザー名] 列で、再度有効化するユーザーをクリックします。

  4. [アカウントの状態] ボックスで [有効] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×