スキップしてメイン コンテンツへ
ユーザーのリモートでの作業を支援する

ユーザーのリモートでの作業を支援する

仕事では、会議やクライアントとの打合せでオフィスを出ることがしばしばあります。 従業員がオフィスから離れた場所で作業している場合、簡単に業務にアクセスでき、同僚と連絡をとれる必要があります。  

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

OneDrive または SharePoint にドキュメントを保存すると、オフィスにいない従業員も、常に最新バージョンにアクセスできます。 オフラインで作業している場合は、次にオンラインに戻ったときに、OneDrive によってファイルが自動的に同期されます。 企業は、ユーザーが必要とするすべての最新のドキュメントとリソースを格納するために、SharePoint をリポジトリとして使用します。 

Office 365 では、従業員がどこで情報を扱っていても、安心して作業することができます。 Azure Information Protection を使用すると、機密情報に基づいてデータを分類、暗号化し、アクセス権を持つユーザーを管理できます。 

従業員は、iOS または Android 用の Office 365 アプリ (Word、PowerPoint など) を使用して、外出先でも簡単に接続できます。 OneDrive からドキュメントにアクセスし、スマートフォンからドキュメントを確認または編集できます。

ハイライト

  • ドキュメントをデバイスと同期して、オフラインで編集や確認ができます。

  • 外出先でも、同僚や上司と情報を安全に共有できます。

  • 従業員はどこにいても、どのデバイスからでも作業できます。

詳細情報

リモートワーカー

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×