ユーザーのグループを作成、変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Project Server 2010には、7つの既定のセキュリティグループがインストールされています。自分の組織のセキュリティ要件をより適切に満たすには、[ Microsoft Project Web App (PWA) サイトサーバー設定] ページの [グループの管理] ページを使用して、カスタムグループを作成することもできます。

この手順を実行する前に、次のことを確認してください。

  • Project Server 2010からMicrosoft Project Web Appにアクセスすることができます。

重要:  この手順を実行するには、Project Server 2010 におけるユーザーとグループの管理グローバル アクセス権が必要です。

セキュリティグループを追加するには

Project Server 2010でカスタムグループを作成するには、次の手順を実行します。

グループを追加する

  1. PWA のホーム ページで、サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [セキュリティ] セクションで、[グループの管理] をクリックします。

  3. [グループの管理] ページの [新しいグループ] をクリックします。

  4. [グループの追加または編集] ページの [グループ情報] セクションで、次の操作を行います。

    1. [グループ名] ボックスに、新しいグループの名前を入力します。

    2. [説明] ボックスに、グループの簡単な説明を入力します。

    3. このグループと Active directory ディレクトリサービスのグループを同期している場合は、[グループの検索] をクリックします。[ active directory の検索] ページで、Project Server グループを同期する active directory グループを検索します。[グループ名] の一覧に検索結果が表示されます。[グループ名] ボックスの一覧で、同期するグループを選び、[ OK] をクリックします。グループ名は、[ Active Directory グループ] の横にある [グループ情報] セクションに表示され、同期します。

      注: [グループの管理] ページには、Active Directory の同期オプションが追加されています。

  5. [ユーザー ] セクションでは、このグループに属しているユーザーを追加できます。[使用可能なユーザー ] ボックスの一覧で [ユーザー] を選び、[追加] をクリックしてグループに追加します。

    • [すべて追加] をクリックして、使用可能なすべてのユーザーをグループに追加します。

    • 複数のユーザーを一度に選択するには、ctrl キーを押しながら選択します。

    • グループに追加されたユーザーは、[選択されたユーザー ] リストに表示されます。

    • [すべて削除] または [削除] を使用して、グループからユーザーを削除します。

  6. [分類] セクションの [利用可能なカテゴリ] ボックスの一覧で、このグループに関連付ける分類を選び、[追加] をクリックします。選択したカテゴリは、[選択されたカテゴリ] の一覧に表示されます。使用可能なすべてのカテゴリを追加する場合は、[すべて追加] をクリックします。

    [選択されたカテゴリ] ボックスの一覧で、各カテゴリに対して、グループ内のユーザーがそのカテゴリに含める権限を指定します。[選択されたカテゴリ] の一覧で対応するカテゴリを選ぶと、特定の選択されたカテゴリのカテゴリ権限リストが表示されます。

    任意のカテゴリに対して手動でアクセス許可を設定することも、定義済みのアクセス許可設定を含むセキュリティテンプレートを適用することもできます。

    • セキュリティテンプレートを使用してアクセス許可を設定するには、[選択されたカテゴリ] ボックスの一覧で、テンプレートを適用するカテゴリを選びます。[テンプレートで権限を設定] ボタンの横にあるリストから適用するテンプレートを選び、[適用] をクリックします。

    • [選択されたカテゴリ] の一覧でアクセス許可を手動で設定するには、アクセス許可を適用するカテゴリを選びます。[アクセス許可] ボックスの一覧で、アクティビティごとに [許可] または [拒否] をクリックします。個々のユーザーに対してカテゴリ権限を設定することもできますが、グループレベルでアクセス許可を設定してから、ユーザーをグループに追加することをお勧めします。グループに割り当てられているアクセス許可では対象外となる特別な要件を持つ個々のユーザーに対して、カテゴリ権限を使用します。

      注: カテゴリの権限の詳細については、「 Project Server 2010 カテゴリの権限」を参照してください。

  7. [グローバルアクセス権] セクションで、グループのグローバルアクセス権を選びます。グローバルアクセス許可は、手動で、またはセキュリティテンプレートを使用して適用できます。テンプレートを使用してグローバルアクセス許可を設定するには、適用するテンプレートを選択します ([テンプレートのアクセス許可の設定] ボタンの横にあるリストから)、[適用] をクリックします。

    グローバルアクセス許可の詳細については、「 Project Server 2010 グローバルアクセス許可」を参照してください。

  8. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

その他の考慮事項

不要なグループを作成しないでください。組織内の多数のグループとカテゴリを持つことによって、追加の管理の複雑さを招くことがあります。さらに、多数のグループとカテゴリによって承認システムが強調されるため、パフォーマンスに影響する可能性があります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×