ユーザーに発信者番号を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 で電話システムでは、ユーザーの割り当てられている電話番号を既定の発信者番号を提供します。変更するかユーザーの (呼び出しの行 ID とも呼ばれます) の発信者番号をブロックすることができます。発信者番号を移動して、組織で使用する方法の詳細を確認する次のとおりです。

次の設定を変更できます。

注: これは、Lync または Skype for Business Server を使用するオンプレミスの組織向けではありません

  • 発信する発信者番号を変更する: ユーザーの発信者番号は、既定で電話番号になっていますが、別の電話番号に置き換えることができます。たとえば、ユーザーの発信者番号を個人電話番号から会社の代表電話番号に変更したり、ユーザーの通話回線番号を個人電話番号から法務部の代表電話番号に変更したりできます。発信者番号はどのオンライン サービス番号 (有料電話番号または無料電話番号) にでも変更することができます。

    注: Service パラメーターを使用する場合は、有効のサービス番号を指定する必要があります。

  • 発信する発信者番号を禁止する: ユーザーの発信する PSTN 通話に発信者番号が送信されるのを禁止することができます。このようにすると、呼び出し中の電話に電話番号が表示されるのを禁止することができます。

  • 着信する発信者番号を禁止する: あらゆる着信 PSTN 通話でユーザーが発信者番号を受信できないようにします。

重要: 緊急通話では、ユーザーの電話番号 (発信者番号) が常に送信されます。

既定では、これらのすべての発信者番号設定がオフになっています。このため、Skype for Business Online のユーザーが PSTN 電話に通話を発信すると、そのユーザーの電話番号は相手に表示されることになります。

これらの設定と使用方法の詳細については、こちらをご覧ください。

発信者番号ポリシー設定を設定する

注: Skype for Business Online のすべての発信者番号設定では、Windows PowerShell を使用する必要があります。Skype for Business 管理センター使用することはできません

  • Windows PowerShell バージョン 3.0 以降を実行していることを確認する

    1. バージョン 3.0 以降を実行していることを確認するには [スタート] メニューから [Windows PowerShell] を選びます。

    2. [Windows PowerShell] ウィンドウに「Get-Host」と入力して、バージョンを確認します。

    3. バージョン 3.0 以降を使用していない場合は、Windows PowerShell の更新プログラムをダウンロードおよびインストールする必要があります。Windows PowerShell をダウンロードして、バージョン 4.0 に更新するには、「Windows Management Framework 4.0」を参照してください。メッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。

    4. Skype for Business Online に接続するリモートの Windows PowerShell セッションを作成できるように、Skype for Business Online の Windows PowerShell モジュールもインストールする必要があります。このモジュールは、64 ビット版のコンピューターでのみサポートされており、「Windows PowerShell Module for Skype for Business Online」の Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。メッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。

    詳細については、「単一の Windows PowerShell ウィンドウですべての Office 365 サービスに接続する」を参照してください。

  • Windows PowerShell セッションを開始する

    1. [スタート] メニューで [Windows PowerShell] を選びます。

    2. [Windows PowerShell] ウィンドウで、次を実行して、Office 365 の組織に接続します。

      注: Skype for Business Online Windows PowerShell モジュールを初めて使用するときに、Import-Module コマンドを実行するだけです。

      Import-Module "C:\Program Files\Common Files\Skype for Business Online\Modules\SkypeOnlineConnector\SkypeOnlineConnector.psd1"
      $credential = Get-Credential
      $session = New-CsOnlineSession -Credential $credential
      Import-PSSession $session

    Windows PowerShell の起動の詳細については、「単一の Windows PowerShell ウィンドウですべての Office 365 サービスに接続する」または「Windows PowerShell を使用した Lync Online への接続」を参照してください。

  • 組織内のすべての発信者番号のポリシー設定を表示します。次を実行します。

    • Get-CsCallingLineIdentity |fl

    Get-CsCallingLineIdentity のその他の例と詳細について確認してください。

  • 発信者番号を匿名に設定する発信者番号ポリシーを新たに作成します。次を実行します。

    • New-CsCallingLineIdentity  -Identity Anonymous -Description "Anonymous policy" -CallingIDSubstitute Anonymous -EnableUserOverride $false

    New-CsCallingLineIdentity のその他の例と詳細について確認してください。

  • Amos Marble に作成した新しいポリシーを適用します。次を実行します。

    •  Grant-CsCallingLineIdentity -Identity "amos.marble@contoso.com" -PolicyName Anonymous

    詳細については、Grant-CsCallingLineIdentity コマンドレットをご覧ください。

ポリシーを作成済みの場合は、Set-CsCallingLineIdentity コマンドレットを使用して、既存のポリシーに対する変更を行います。次に、Grant-CsCallingLineIdentity を使用して設定をユーザーに適用します。

  • 着信する発信者番号を禁止します。次を実行します。

    • Set-CsCallingLineIdentity  -Identity "Block Incoming" -BlockIncomingPstnCallerID $true -EnableUserOverride $true

      Set-CsCallingLineIdentity のその他の例と詳細について確認してください。

  • 作成したポリシー設定を組織内のユーザーに適用します。次を実行します。

    • Grant-CsCallingLineIdentity -Identity "amos.marble@contoso.com" -PolicyName "Block Incoming"

    詳細については、Grant-CsCallingLineIdentity コマンドレットをご覧ください。

発信者番号ポリシーを削除する

組織からポリシーを削除するには、次を実行します。

Remove-CsCallingLineIdentity –Identity "My Caller ID Policy"

ユーザーからポリシーを削除するには、次を実行します。

Grant-CsCallingLineIdentity –Identity "amos.marble@contoso.com" –PolicyName $null

Windows PowerShell の詳細情報

関連トピック

緊急通話の使用条件
Skype for Business Online PSTN サービスの使用条件

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×