ユーザーによるコントロールの挿入や削除を禁止する

Microsoft Office InfoPath では、条件付き書式を使って、フォームで発生した条件に基づいてコントロールの書式オプションを変更することができます。フォーム テンプレートに基づくフォームにユーザーが入力したときに、指定した条件を満たした場合、条件付き書式が適用されます。

この記事では、条件付き書式を使って、別のコントロールの値に基づく特定のコントロール (省略可能セクションなど) がフォームに入力するユーザーによって挿入または削除されないようにする方法を説明します。たとえば、ユーザーが省略可能セクションの中にあるリッチ テキスト ボックスにデータを追加した後で、その省略可能セクションを削除した場合、ユーザーが入力したデータも削除されます。これを防ぐには、条件付き書式をフォーム テンプレートに追加して、省略可能セクションにデータが含まれている場合にそれを削除できなくすることができます。

注: デジタル署名されたデータの場合、ユーザーが繰り返しコントロールを挿入または削除できる機能は自動的に無効になります。

この記事の内容

始める前に

互換性に関する考慮事項

コントロールがユーザーによって挿入または削除されないようにする

始める前に

この操作を行うには、この種類の条件付き書式をサポートするコントロールがフォーム テンプレート上に少なくとも 1 つ含まれている必要があります。この操作で使用できるコントロールの一覧については、次のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際、ブラウザー互換のフォーム テンプレートをデザインするには特定の互換モードを選択します。ブラウザー互換フォーム テンプレートが InfoPath Forms Services を実行するサーバーに発行され、ブラウザー互換になると、Web ブラウザーでフォーム テンプレートを使用するフォームを参照できるようになります。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウで一部のコントロールを使用できなくなります。これは、Web ブラウザーで表示できないコントロールのためです。

挿入または削除できないコントロールの一覧

次の表に、条件付き書式を使うとユーザーによって追加または削除されないように設定できる Office InfoPath 2007 コントロールを示します。また、ブラウザ互換フォーム テンプレートで各コントロールが使用できるかどうかも示します。

コントロール

ブラウザ互換フォーム テンプレートで使用できる

横方向繰り返しテーブル

いいえ

繰り返し再帰セクション

いいえ

マスターと詳細

いいえ

省略可能セクション

はい

繰り返しセクション

はい

繰り返しテーブル

はい

ページの先頭へ

ユーザーによるコントロールの挿入や削除を禁止する

  1. フォーム テンプレートで、ユーザーによる挿入または削除を禁止するコントロールをクリックします。

  2. [書式] メニューの [条件付き書式] をクリックします。

  3. [条件付き書式] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  4. [If this condition is true] で、必要な条件を設定します。たとえば、省略可能セクションにデータが含まれている場合にそのセクションがユーザーによって削除されないようにするには、最初のボックスで省略可能セクションをクリックして、2 番目のボックスで [が空白でない] をクリックします。

  5. [設定する書式] で [このコントロールの挿入または削除をユーザーに許可しない] をクリックします。

  6. 条件を保存してフォーム テンプレートに戻るには、[OK] を 2 回クリックします。

  7. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×