ユーザーが組織を離れる際に OneDrive ファイルを保護する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーの Office 365 アカウントが削除されると、OneDrive for Business ファイルは一定期間保持されます。この保持期間は指定できます。

OneDriveアカウントの保存期間を設定するには

  1. 管理センターの OneDriveを開き、[記憶域] タブをクリックします。

    OneDrive 管理センターの [記憶域] タブ
  2. ユーザー アカウントが削除対象としてマークした後、OneDrive のファイルを保持する日数] ボックスにOneDriveファイルを保持する日数を入力します。

    ユーザー アカウントの削除プロセスに時間がかかる場合でも、Office 365 管理センターでユーザー アカウントを削除するとすぐに保持期間のカウントが始まります。最大値は 3650 日 (10 年) です。

  3. [保存] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

OneDrive のユーザーを削除してそのファイルを保護します。

OneDrive マネージャーを通知し、ユーザー、組織のままにしているときに自動的にアクセスの委任を設定する

新しい OneDrive 管理センターの使用

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×