ユーザーが会議に参加したときに自分の名前を記録できるようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Skype for Businessと Microsoft チームの電話会議をセットアップしていると、電話番号と、電話会議ブリッジと呼ばれるものが提供されます。会議ブリッジには、専用または共有の電話番号をことができる 1 つ以上の電話番号を含めることができます。

ユーザーが電話を使って会議にダイヤルインすると、その通話は会議ブリッジによって応答されます。会議ブリッジでは、自動応答の音声プロンプトで発信者に応答してから、設定に応じて、お知らせを再生したり、発信者に名前を記録するように依頼したり、会議開催者の PIN セキュリティをセットアップしたりします。PIN が会議開催者に与えられて、開催者は会議を開始できるようになります。ただし、PIN がなくても会議を開始できるように設定できます。

発信者が名前を記録すべきかどうかを設定する

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  2. Office 365 管理センター、[Skype for Business] の順に移動します。

  3. [ Skype for Business admin center、左のナビゲーションで電話会議に移動 > Microsoft ブリッジの設定します。

  4. [会議参加エクスペリエンス] の [会議の入退出の通知をオンにする] で、次のいずれかを選びます。

    • オン: 発信者は、会議に参加する前に名前を記録するように依頼されます。 既定ではオンになっています。

    • オフ: 発信者は、会議に参加する前に名前を記録するように依頼されません。

  5. 変更したら [保存] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office 365 での電話会議

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×