ユーザーがメールの連絡先を iPhone や iPad と同期できるようにする

Office 365 ユーザーは、OWA によるデバイス間の連絡先同期機能を使用して、自分の Outlook Web App の連絡先を iPhone や iPad のアドレス帳と同期できます。この機能は最初からオンになっています。また、Office 365 管理者はこの機能をオフにすることができます。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 で、[管理者] を選びます。または、アプリ起動ツール Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選んでから、[管理者] を選びます。

    Office 365 のナビゲーション オプション
  3. [サービスの設定]、[モバイル アクセス] の順に移動します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • [OWA でデバイス間の連絡先を同期] をオンにすると、ユーザーが各自の Outlook Web App の連絡先を iPhone や iPad のアドレス帳と同期できるようになります。

    • [OWA でデバイス間の連絡先を同期] をオフにすると、ユーザーが各自の Outlook Web App の連絡先を iPhone や iPad のアドレス帳と同期できなくなります。

OWA によるデバイス間の連絡先同期機能とは

デバイス用 OWA とは OWA for iPhone および OWA for iPad アプリのことです。これらのアプリを使用することで、ユーザーは自分の Outlook Web App の連絡先をモバイル デバイスのアドレス帳と同期するようモバイル デバイスを設定できます。

管理者は、OWA によるデバイス間の連絡先同期機能を使用して、ユーザーが各自の連絡先を同期できるかどうかを管理できます。この機能は最初からオンになっており、ユーザーが複数の iOS デバイス上にある各自の業務上の連絡先を簡単に管理できるようになっています。ただし、プライバシーに関する懸念があり、自組織の連絡先情報を、ユーザーがデータの保存に使用しているモバイル デバイスや各種サービスと共有したくない場合は、OWA によるデバイス間の連絡先同期機能をオフにできます。

OWA によるデバイス間の連絡先同期機能をオフにした場合、ユーザーの Outlook Web App の連絡先フォルダーの内容は iOS デバイスのアドレス帳にコピーされません。ユーザーのモバイル デバイスと以前同期された連絡先情報があれば、それも削除されます。一方、ユーザーが自分のデバイスのプライバシー設定を変更して、Outlook Web Access へのアクセスを許可しないようにすることができます。この場合、データの変更や削除はできません。管理者が、OWA によるデバイス間の連絡先同期機能をオフにした場合、この指定が反映されるのに最大 8 時間かかります。

OWA によるデバイス間の連絡先同期機能で同期を管理できる対象は、OWA for iPhone アプリか OWA for iPad アプリを使用して自分のメールボックスに接続するユーザーに限定されます。Exchange ActiveSync を有効にしている組織の場合、ユーザーは引き続き連絡先を同期できます。Exchange ActiveSync は多数のモバイル デバイス向けに提供されており、組織のデータにさまざまなレベルのセキュリティをもたらします。Exchange ActiveSync を有効または無効にする手順について詳しくは、「ユーザーが携帯電話でメールや IM をどのように使うかを管理する」をご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×