ユリウス日を入力する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユリウス日は、現在の年と 1 月 1 日からの通算日数とを組み合わせて日付を表示するときに使用される場合があります。たとえば、2007 年 1 月 1 日は 2007001 と表され、2007 年 12 月 31 日は 2007365 と表されます。この形式はユリウス暦に基づいているわけではないことに注意してください。

これとは別に、天文学上で一般的に使用されるユリウス暦の日付もあります。これは、紀元前 4713 年 1 月 1 日を起算点とした通日で表す日付システムです。

ユリウス日はさまざまな方法で挿入できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

今日ユリウス暦の日付を入力します。

関数の詳細

年のユリウス暦の日付を日付に変換します。

関数の詳細

日付を天文で使用されるユリウス暦の日付に変換します。

ユリウス日として現在の日付を入力する

この処理を実行するには、TEXT 関数、TODAY 関数、および DATEVALUE 関数を使用します。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

3

A

B

説明 (結果)

=TEXT(TODAY() ,"yy")&TEXT((TODAY() -DATEVALUE(TEXT(TODAY(),"yy") & "/1/1"))+1,"000")

現在の日付を 2 桁の年のユリウス日で表示します (動的)

=TEXT(TODAY() ,"yyyy")&TEXT((TODAY() -DATEVALUE(TEXT(TODAY(),"yy") & "/1/1"))+1,"000")

現在の日付を 4 桁の年のユリウス日で表示します (動的)

注: 

  • 現在の日付には、コンピュータのシステム時計の日付が使用されます。

  • 上の数式では、1 年は 1 月 1 日 (1/1) に始まります。別の日を起算日として使用するには、数式の "/1/1" の部分を目的の日付に変更します。

関数についての詳細情報

DATEVALUE 関数

TEXT

今日

ページの先頭へ

日付をユリウス日に変換する

この処理を実行するには、TEXT 関数および DATEVALUE 関数を使用します。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

A

日付

2007/6/23

説明 (結果)

=TEXT(A2,"yy")&TEXT((A2-DATEVALUE(TEXT(A2,"yy") & "/1/1"))+1,"000")

セル A2 の日付を 2 桁の年のユリウス日で表示します (07174)

=TEXT(A2,"yyyy")&TEXT((A2-DATEVALUE(TEXT(A2,"yy") & "/1/1"))+1,"000")

セル A2 の日付を 4 桁の年のユリウス日で表示します (2007174)

注: 上の数式では、1 年は 1 月 1 日 (1/1) に始まります。別の日を起算日として使用するには、数式の "/1/1" の部分を目的の日付に変更します。

関数についての詳細情報

DATEVALUE 関数

TEXT

ページの先頭へ

日付を天文学上のユリウス日に変換する

この数式は、1900 年から計算する日付システムを使用しているブックで、1901 年 3 月 1 日より後の日付に対してのみ使用できます。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

A

日付

2007/6/23

説明 (結果)

=A2+2415018.50

セル A2 の日付を天文学上のユリウス暦の日付で表示します (8619/7/28)

注: 日付を数値として表示できます。セルを選択し、[ホーム] タブの [表示形式] にある矢印をクリックし、[数値] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×