ユニファイド メッセージング リファレンス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2007 アカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅での個人のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。Microsoft Exchange アカウントとを確認する方法の詳細については、アカウントが接続する、Exchange のバージョンでは、「参照」セクションのリンクを参照してください。Exchange 2007は、管理者には、ユニファイド メッセージング機能を利用できるように、これらのコマンドが有効にする必要があります。

電話によるアクセス

電話番号を表示する

[電話アクセス番号] ボックスでは、Outlook Voice Access を使用してメッセージ、カレンダー、連絡先にアクセスするときにダイヤルする電話番号が表示されます。この番号は Exchange 2007 管理者によって設定されます。

ボイス メールの暗証番号をリセットする

[暗証番号のリセット] をクリックすると、Outlook Voice Access のボイス メールの暗証番号をリセットできます。暗証番号は、メールボックスやカレンダーの情報にアクセスするときに使用します。

電子メール フォルダを選択する

[電話から電子メール メッセージにアクセスするときに読み取るフォルダを選択してください。] では、Outlook Voice Access の使用時に電子メール、ボイス メール、その他のメッセージを読むときに使用する電子メール フォルダを指定します。既定では、Outlook Voice Access を使用して電話からメッセージにアクセスするときに使用するフォルダとして受信トレイが選択されますが、[フォルダの変更] をクリックすると別のフォルダを選択できます。

ボイス メール

電話で再生の電話番号

[[電話で再生] に使う番号] ボックスに入力する電話番号は、電話で再生の機能の使用時にユニファイド メッセージング システムが呼び出す番号です。この機能を使用して、ボイス メールの応答メッセージを電話で再生または録音したり、ボイス メール メッセージを電話で再生したりできます。既定では内線番号に設定されますが、この番号は変更できます。

ボイス メールの応答メッセージの選択

[相手に対する応答メッセージを選択してください。] のオプションを使用して、ボイス メールに着信があったときに相手に対して再生するボイス メール応答メッセージの種類を選択できます。

  • [ボイス メール応答メッセージ] は通常の応答メッセージで、既定で選択されます。この応答メッセージは、オフィスにいて席を外しているとき、または長時間にならない外出のときに使用します。

  • [不在時のボイスメール応答メッセージ] は、一般には、オフィスにいないとき、または長時間外出するときに使用します。

応答メッセージを電話で再生または録音する

[電話] をクリックすると、電話で再生の電話番号に電話がかけられ、選択したボイス メール応答メッセージが発信先の電話で再生されます。また、このオプションを使用して、新しいボイス メールや外出時の応答メッセージを電話で再生または録音することができます。

不在着信通知を指定する

[電話に出られなかったとき、受信トレイに電子メール メッセージを送信する] チェック ボックスを使用して、不在着信通知を受け取るかどうかを指定できます。このチェック ボックスをオンにすると、電話がかかってきても相手が音声メッセージを残さなかった場合に、電子メールで通知を受け取ることができます。[電話に出られなかったとき、受信トレイに電子メール メッセージを送信する] チェック ボックスは、既定でオンになっています。

ボイス メールのキーボード ショートカット

ボイス メール オプションの構成や選択にキーボード ショートカットを使用できます。ボイス メール オプションに利用できるキーボード ショートカットは次のとおりです。

操作

キー

Outlook Voice Access の暗証番号をリセットする

Alt + R

Outlook Voice Access を使用して読む電子メール フォルダを選択する

Alt + F

電話で再生の電話番号を入力する

Alt + P

通常の応答メッセージを選択する

Alt + V

不在時の応答メッセージを選択する

Alt + O

電話で応答メッセージを再生または録音するための番号に電話をかける

Alt + C

不在着信通知を有効または無効にする

Alt + S

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×