ユニファイド メッセージングのボイス メール応答メッセージを録音する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユニファイド メッセージングを使用するように Microsoft Exchange Server アカウントを設定すると、ボイス メール アカウントに、システムが生成した標準の不在応答メッセージと、拡張された不在応答メッセージが追加されます。これらのメッセージのいずれか、または両方の代わりに、独自のボイス メール応答メッセージを録音することができます。

注: この機能は、 Microsoft Exchange Server 2010 または Exchange Server 2007 のアカウントが必要です。ユニファイド メッセージングは、Exchange 管理者によって有効にする必要があります。

Exchange Server 2010 アカウントでのユニファイド メッセージング

注: Microsoft Outlook 2010 に用意されているボイス メール オプションは、Outlook Web App (OWA) でも提供されています。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ボイス メールの管理] をクリックします。

注: Web ブラウザーが開いたら、OWA のログイン資格情報を入力するように要求されます。

  1. [[電話で再生] 機能の使用時にボイス メール システムからの通話に使用する電話番号を入力してください] ボックスに、システムからの通話に使用する電話番号を入力します。オフィスの電話からダイヤルする場合と同じ番号を、市外局番も含めて正確に入力します。たとえば、勤務先電話の内線番号を「12345」、外線番号を「9 (425) 555-0183」と入力します。かっこ、ハイフン、およびスペースの入力は必須ではありませんが、含めると後で読みやすくなります。

注: Exchange管理者によって、[電話で再生] で使う番号が制限されている場合があります。たとえば、組織外部の電話番号を指定できない場合があります。

  1. [ボイス メール応答メッセージの再生または録音時に [電話で再生] に使用する番号を使用する] をクリックします。

  2. ユニファイド メッセージング システムから通話を受信したら、音声による指示に従って、独自のボイス メール応答メッセージを録音します。

Exchange Server 2007 アカウントでのユニファイド メッセージング

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ボイス メールの管理] をクリックします。

  3. [ボイス メール] タブをクリックします。

  4. [電話] をクリックします。

  5. [電話で再生] ダイアログ ボックスで、[ダイヤル] ボックスに番号を入力するか、最近使った電話番号の一覧で番号をクリックします。

オフィスの電話からダイヤルする場合と同じ番号を、市外局番も含めて正確に入力します。たとえば、勤務先電話の内線番号を「12345」、外線番号を「9 (425) 555-0183」と入力します。かっこ、ハイフン、およびスペースの入力は必須ではありませんが、含めると後で読みやすくなります。

注: Exchange管理者によって、[電話で再生] で使う番号が制限されている場合があります。たとえば、組織外部の電話番号を指定できない場合があります。

  1. [ダイヤル] をクリックします。

[ダイヤル] ボックスで指定した電話番号にダイヤルされます。

  1. ユニファイド メッセージング システムから通話を受信したら、音声による指示に従って、独自のボイス メール応答メッセージを録音します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×