ユニファイド メッセージングのボイス メール応答メッセージを選択する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2007 アカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅用や個人用のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。Microsoft Exchange アカウントと、アカウントを接続する Exchange のバージョンを決定する方法については、[参照] リンクを参照してください。これらのコマンドを使用するには、Exchange 2007 管理者がユニファイド メッセージング機能を有効にする必要があります。

ボイス メールには、Microsoft Office Outlook Voice Access の暗証番号のリセット、ボイス メール応答メッセージ、不在着信通知など、さまざまなオプションを設定できます。

ボイス メール応答メッセージは、着信した相手がボイス メール メッセージを残す前に再生される応答メッセージです。[ボイス メール応答メッセージ] をオンにすると、相手に対してボイス メール応答メッセージが再生されます。[不在時のボイス メール応答メッセージ] をオンにしている場合、不在時に着信があると、相手に対して不在時のボイス メール応答メッセージが再生されます。既定では、標準のボイス メール応答メッセージが再生されます。しかし、Microsoft Office Outlook 2007 に用意されているボイス メール オプションを使用すると、個人用のボイス メール応答メッセージを録音できます。

注: ボイス メールのオプションについては、 Office Outlook 2007も Microsoft Office Outlook Web Access で使用できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [ボイス メール] タブをクリックします。

    Greeting selection

  3. [ボイス メール] の [相手に対する応答メッセージを選択してください。] で、着信した相手に対して再生される応答メッセージを選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×