ユニファイド メッセージングのボイス メール応答メッセージを選択する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Exchange アカウントがユニファイドメッセージングで設定されている場合は、発信者に対して再生されるボイスメールの応答メッセージを選ぶことができます。2つの案内応答 (標準と延長休暇のあいさつ) があります。既定では、標準のボイスメールの応答メッセージは発信者に対して再生されます。

注: Microsoft exchange server 2010 または exchange server 2007 アカウントが必要です。ユニファイドメッセージングは、Exchange 管理者によって有効になっている必要があります。

Exchange 2010 アカウントを使用したユニファイドメッセージング

注: outlook 2010 で検出されたボイスメールオプションは、outlook Web App (OWA) でも利用できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ボイスメールの管理] をクリックします。

注: Web ブラウザーが開いたら、OWA のログイン資格情報の入力を求められます。

  1. [ボイスメール] タブの [ Outlook voice Access] で、次のいずれかをクリックします。

    • 既定のボイスメールの応答    発信者は、システム生成された、または既定のあいさつ文として指定した個人的なレコーディングのあいさつを受け取ります。これは、応答しない通話に使用する標準的な日常のメッセージです。

    • 長期間退席することを発信者に通知   する 発信者は、システムによって生成された、または拡張休暇のあいさつ文として指定した個人的なレコーディングのあいさつを受け取ります

Exchange 2010 アカウントを使用したユニファイドメッセージング

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ボイスメールの管理] をクリックします。

  3. [ボイスメール] セクションの [発信者に対して再生されるあいさつ文を選択してください] で、発信者に対して再生するあいさつ文を選びます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×