モバイル デバイスやタッチ ベース デバイスで Visio を使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タッチ対応デバイスでは、Visio ドキュメントの作成、読み取り、コメントの追加などの操作を指だけで行うことができます。

[図形] ウィンドウから図形を追加する

  • [図形] ウィンドウから図面ページに図形をドラッグします。

  • [図形] ウィンドウの図形をタップします。図形のインスタンスがページの中央に追加されます。

  • [図形] ウィンドウの図形を長押しして、その間に別の指で図面ページをタップします。図面ページをタップするたびに、長押ししている図形のインスタンスがページに追加されます。

ページ上の図形を選択する

図形を 1 回タップする

図形をタップすると、その図形が選択されて、オートコネクト矢印が表示されます (その図形または図面でオートコネクトが使用されている場合)。

図形を 2 回タップする

既に選択されている図形をタップすると、フリー ツール バーが表示されます。

図形を 3 回タップする

既に選択され、フリー ツール バーが表示されている図形をタップすると、テキスト編集モードに切り替わります。

複数の図形を選択する

選択する最初の図形を長押しして、その間に、選択するその他の図形を別の指でタップします。

最初の図形を放し、選択した図形のいずれかをタップすると、選択範囲全体のフリー ツール バーが表示されます。

コンテキスト メニュー (右クリック メニュー) を使う

フリー ツール バーを表示して、端にある下矢印をクリックすると、コンテキスト (右クリック) メニューが開きます。

オートコネクトを使って図形を接続する

オブジェクトをタップして選択すると、オートコネクト矢印が表示されます (そのオブジェクトと図面でオートコネクトが使用されている場合)。オブジェクトが選択されている間は、[図形] ウィンドウやリボンをタッチしてもオートコネクト矢印は消えません。

オートコネクト矢印を長押しして放すと、オートコネクト ミニ ツール バーが表示されます。

図面を移動させる

1 本の指で図面ページをタッチしてドラッグすると、ページを移動できます。

2 本の指でタッチして、その指を互いに近づける (ピンチ) と図面が縮小され、遠ざけると拡大されます。

グループ化された図形のサブ図形を選択する

グループ化された図形のサブ図形を選択する方法は、マウスとキーボードを使う場合と似ています。グループ化された図形をタップするとグループ全体が選択され、その後にサブ図形をタップするとそのサブ図形が選択されます (図形が保護されているなどの理由で選択できない場合を除く)。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×