モバイル デバイスの Excel でグラフを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[挿入] タブの [おすすめグラフ] コマンドを利用すれば、データにふさわしいグラフを短時間で作成できます。あるいは、他のオプションを利用して独自のグラフを作成できます。

  1. ブックを開き、データを含むスプレッドシートに移動します。

  2. ハンドル ハンドル をドラッグし、グラフにプロットするデータを選択します。

  3. Android タブレットの場合、[挿入] をタップします。

    [挿入] タブ

    Android スマートフォンの場合、[編集] アイコン [編集] アイコン 、[ホーム]、[挿入] の順にタップします。

  4. [推奨] をタップすると、使用中のデータに最適なグラフが提案されます。

    データに推奨されるグラフ デザイン

  5. 推奨デザインのグラフ画像をスクロールして閲覧します。デザインをタップすると、そのフォーマットでデータがどのように表示されるか確認できます。

    ヒント: 

    • 気に入ったグラフがない場合、[挿入] タブの [グラフ] をタップすると、利用できるグラフが全種類表示されます。

    • [挿入] タブでグラフを選択する

  6. グラフ デザインを選択すると、[グラフ] タブが表示されます。

    [グラフ] タブ

    このタブを利用すると、種類別に整理されているグラフ形式、凡例付きのレイアウト、色オプション、特定のグラフ要素を表示し、選択できます。また、[切り替え] オプションをタップすると、データが別のビューで表示されます。

  7. グラフをタップすると、コンテキスト メニューが表示されます。

    コンテキスト メニュー

    グラフは切り取って貼り付けたり、コピーしてさまざまな場所で使用したり、削除したりできます。グラフをタップし、スプレッドシートの別の場所にドラッグすることもできます。

  1. ブックを開き、データを含むスプレッドシートに移動します。

  2. ハンドル ハンドル をドラッグし、グラフにプロットするデータを選択します。

  3. iPad の場合、[挿入] をタップします。

    [挿入] タブ

    iPhone の場合、[編集] アイコン [編集] アイコン 、[ホーム]、[挿入] の順にタップします。

  4. [推奨] をタップすると、使用中のデータに最適なグラフが提案されます。

    推奨されるグラフ デザイン

  5. 推奨デザインのグラフ画像をスクロールして閲覧します。デザインをタップすると、そのフォーマットでデータがどのように表示されるか確認できます。

    ヒント: 

    • 気に入ったグラフがない場合、[挿入] タブの [グラフ] をタップすると、利用できるグラフが全種類表示されます。

    • [挿入] タブの [グラフ] を選択する

  6. グラフ デザインを選択すると、[グラフ] タブが表示されます。

    [グラフ] タブ

    このタブを利用すると、他のおすすめグラフ形式、種類別に整理されているグラフ形式、凡例付きのレイアウト、特定のグラフ要素を表示し、選択できます。また、[切り替え] オプションをタップすると、データが別のビューで表示されます。

  7. グラフをタップすると、コンテキスト メニューが表示されます。

    コンテキスト メニュー

    グラフは切り取って貼り付けたり、コピーしてさまざまな場所で使用したり、削除したりできます。グラフをタップし、スプレッドシートの別の場所にドラッグすることもできます。

  1. ブックを開き、データを含むスプレッドシートに移動します。

  2. ハンドル ハンドル をドラッグし、グラフにプロットするデータを選択します。

  3. Windows タブレットの場合、[挿入] をタップします。

    [挿入] タブ

    Windows Phone の場合、[詳細] 詳細 、[ホーム]、[挿入] の順にタップします。

  4. データに推奨されるグラフを見るには、Windows タブレットで [グラフ]、[推奨] の順に選択します。

    推奨されるグラフ デザイン

    Windows スマートフォンの場合、[推奨​​] をタップします。

  5. 推奨デザインのグラフ画像をスクロールして閲覧します。デザインをタップすると、そのフォーマットでデータがどのように表示されるか確認できます。

    ヒント: 

    • 気に入ったグラフがない場合、[挿入] タブの [グラフ] をタップすると、利用できるグラフが全種類表示されます。

    • [挿入] タブでグラフを選択する

  6. グラフ デザインを選択すると、[グラフ] タブが表示されます。

    [グラフ] タブ

    このタブを利用すると、他のおすすめグラフ形式、種類別に整理されている追加のグラフ形式、凡例付きのレイアウト、色オプション、特定のグラフ要素を表示し、選択できます。サイズ、代替テキスト、説明を入力できます。また、[切り替え] オプションをタップすると、データが別のビューで表示されます。

  7. グラフをタップすると、コンテキスト メニューが表示されます。

    コンテキスト メニュー

    グラフは切り取って貼り付けたり、コピーしてさまざまな場所で使用したり、削除したりできます。グラフをタップし、スプレッドシートの別の場所にドラッグすることもできます。

関連項目

Office mobile でグラフを変更します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×