モバイル アプリを展開および管理する

モバイル ユーザーは、どこにいてもアプリを使用して仕事をします。ただし、企業の情報を保護する必要があります。ユーザーは、Office および Office 365 用のモバイル アプリをインストールした後、モバイル デバイス管理 (Office 365 に含まれます)、Microsoft Intune、または Microsoft Enterprise Mobility Suite でデータを保護できます。

ユーザーにモバイル アプリをインストールさせる

ユーザーは、Office 365 サブスクリプションに含まれるアプリを Android、iOS、または Windows のスマートフォンやタブレットにインストールしてセットアップできます。Office と Office 365 では次のアプリが提供されます。

  • コア Office アプリ:Word、PowerPoint、Excel、OneNote

  • Office Lens

  • Outlook

  • OneDrive

  • Skype または Skype for Business

  • SharePoint

  • Yammer

アプリをインストールできるように次の記事をユーザーに提供してください。モバイル デバイスで Office アプリとメールをセットアップする

情報の保護: モバイル デバイスとアプリケーションを管理する

ユーザーが携帯電話やタブレットから組織のデータに接続できることが重要です。一方で、管理者としては、個人のデバイスであっても、その情報を保護できることが重要です。Office 365 でデータを保護するには、次のソリューションを使用します。

モバイル デバイス管理   

Office 365 のモバイル デバイス管理 (MDM) を使用すると、モバイル デバイスで Office 365 のデータを保護できます。

Mobile Device Management (MDM) for Office 365 の概要

Microsoft Intune   

デスクトップとモバイル デバイスの両方を管理する場所が必要な場合、またはアプリのデータを保護するためのポリシーを設定する場合は、Microsoft Intune を使用できます。Intune に登録されていないデバイスであっても対応できます。

Office 365 の MDM と Microsoft Intune を選ぶ

Microsoft Intune でモバイル アプリケーション管理ポリシーを使用してデータを保護する

Enterprise Mobility スイート   

Microsoft のアプリおよび他のサービスのシングル サインオンとモバイル デバイス管理のための完全なソリューションが必要な場合は、Enterprise Mobility スイートが、iOS、Android、Windows、Windows 10、および 2,500 以上のよく使われる SaaS アプリのための包括的なソリューションを提供します。

Enterprise Mobility スイート.

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×