モバイルの Office でグラフを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

情報を伝達する最も効果的な方法が適切に選択されたグラフを使用しての場合もあります。Microsoft Office のグラフの作成がサポート期間と今すぐ iOS、Android、Windows Mobile の Office クライアントもサポート軸ラベル、データの凡例のなど、それらのグラフの要素をカスタマイズします。

次の手順は、既存のグラフをカスタマイズするときに役立ちます。モバイル デバイスでグラフを作成する場合は、「モバイル デバイスの Excel でグラフを作成する」を参照してください。モバイルの Word または PowerPoint に新しいグラフを挿入する場合は、最初に Excel で作成します。その後、モバイル デバイスで PowerPoint または Word にグラフを挿入する方法の手順として、「モバイル デバイスで PowerPoint にグラフを挿入する」を参照してください。

グラフの要素の変更

  1. 変更するグラフを選びます。

  2. リボンの [グラフ] タブが表示されています。表示されていない場合は、手順 1 を繰り返します。[要素] ボタンをクリックして、選択したグラフの変更可能な要素の一覧を展開します。すべてのグラフですべての要素を使用できるわけではありません。たとえば、円グラフには縦軸がありません。ただし、使用できる要素を選択すると、構成可能なオプションが表示されます。

    リボンの [グラフ] タブで要素をクリックし、文書内のグラフ要素をカスタマイズします。
    • - 縦軸または横軸をオンまたはオフにできます。

    • 軸タイトル - タイトルをオンまたはオフにできます。軸タイトルを変更するには、オンにした後、グラフ上でタイトルをタップし、新しいタイトルを入力します。タイトルの変更を保存するには、文書の他の場所をタップします。

    • グラフ タイトル - グラフのタイトルをオフにするか、グラフの上に配置するか、グラフ内で中央揃えにします。グラフのタイトルを編集するには、オンにした後、グラフ内のグラフのタイトルをタップし、新しいタイトルを入力します。タイトルの変更を保存するには、文書の他の場所をタップします。

    • データ ラベル - データ ラベルの配置場所についてのオプションがあり、完全にオフにすることもできます。グラフに実際のデータ値を配置するため、より明確に値が伝わります。

    • データ テーブル - グラフに表示されるデータを含む表の表示のオンとオフを切り替えてみましょう。

    • 誤差範囲 -誤差範囲では、データの標準偏差とエラーの差がまとめて表示されます。標準誤差範囲、パーセンテージ、または標準偏差から選択して表示することができます。

    • 目盛線 - メジャー グリッド線またはマイナー グリッド線をオンまたはオフにして、縦軸の値または横軸の値 (またはその両方) を読みやすくしたり、比較しやすくできます。

    • 凡例 - グラフの値を示す凡例を表示する場合、この設定でオンにする (移動先を選択する) ことができます。

    • - この要素は、折れ線グラフでのみ使用可能です。ドロップまたは高低線を追加し、データ ポイントに注目させたい場合に役立ちます。

      ヒント: 線にご注意ください。グラフに大量のデータ ポイントがある場合は、すぐに増えすぎてしまいます。

    • 近似曲線 - データ傾向のハイライトまたは予測に役立つ傾向線を追加します。複数のデータ系列がある場合は、傾向線を表示する系列を選択できます。

    • ローソク - このグラフは、同じポイントにある 2 つの値を比較するときに役立ちます。たとえば、同じ期間内の異なる企業の利益を比較する場合などです。

関連項目

モバイルでの Microsoft Online の操作で、ここで取り上げていない問題について質問やご意見がある場合は、

Microsoft Office に関するフィードバックを送信する方法」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×