モデルへの UML 要素の追加について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

UML モデルに要素を追加する方法について理解するには、まず図とモデルの違いについて理解する必要があります。

モデルは、[モデル エクスプローラ] ウィンドウの階層ツリー ビューに表示されます。

図表は、1 つのモデルに対するビューで、ツリー ビューではアイコンで、UML モデル図の図面ファイルでは図面ページで表されます。

[UML モデル図] テンプレートを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • 図表に要素を追加するには、ツリー ビューからアイコンをドラッグするか、ステンシルから図面ページに図形をドラッグします。

  • ステンシルから図面ページに図形をドラッグすると、図形はモデルの構成要素になります。[クラス] 図形、[ユース ケース] 図形、[コンポーネント] 図形など、図面ページにドラッグされた図形の多くは、ツリー ビューにアイコンとして自動的に追加されます。

注: ツリー ビューから図面ページにアイコンをドラッグすると、(新しいモデル要素ではなく) モデル要素のビューが作成されます。

  • ツリー ビューに要素を追加した場合、ツリー ビューから図面ページにその要素を表すアイコンをドラッグしない限り、要素は図表に表示されません。

  • ツリー ビューで要素を複製して、要素のアイコンを別のパッケージにドラッグできます。

  • ツリー ビューから別の図面ページに要素のアイコンをドラッグして、同じ要素に対する異なるビューを別の図表に追加できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×