モデルに UML 要素を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ツリー ビューに新しい要素を追加します。

  1. ツリー ビューで、新しい要素を追加するパッケージまたはクラスを右クリックして、[新規作成] をポイントします。

  2. 追加する要素の種類をクリックします。

    ツリー ビューに新しい要素のアイコンが表示されます。

図に新しい要素を追加します。

  1. ツリー ビューで、新しい要素を追加する図表を表すアイコンをダブルクリックします。

    適切なステンシルと図面ページが表示されます。

  2. ステンシルから図面ページに、図表に追加する要素を表す図形をドラッグします。

    [クラス] 図形、[ユース ケース] 図形、[コンポーネント] 図形など、さまざまな図形について、新しい要素を表すアイコンがツリー ビューに表示されます。

    ヒント: ツリー ビューで新しい要素を作成し、この要素を図面ページにドラッグすることによって、図表に要素を追加することもできます。

図に既存の要素のビューを追加します。

  1. ツリー ビューで、要素のコピーを追加する図表を表すアイコンをダブルクリックします。

    適切なステンシルと図面ページが表示されます。

  2. ツリー ビューから図面ページに、ビューを作成する要素のアイコンをドラッグします。

    図面ページには要素を表す図形が表示されますが、ツリー ビューには要素のビューを表すアイコンは追加されません。

    注: 元の要素に対して行ったすべての変更が、コピーした要素のビューに表示されます。

図面で既存の要素を複製します。

  1. 図表で、複製する要素を選択します。

  2. Ctrl キーを押しながらドラッグして要素のコピーを作成します。

    1 つのパッケージ内では、2 つの要素に同じ名前を付けることはできません。そのため、要素を複製すると、複製された要素には新しい名前が割り当てられます。

    ヒント: 既定では、Ctrl キーを押しながら要素をドラッグすると、その要素のコピーが作成されます。この既定の機能を変更して、Ctrl キーを押しながらドラッグしたときに、コピーではなく要素のビューが作成されるように設定できます。既定の機能を変更するには、[UML] メニューの [オプション] をクリックします。次に [UML アドオン] タブをクリックして、[図形の Ctrl + ドラッグ時の動作][オブジェクト ビューをコピー] をクリックします。

ツリー ビューで既存の要素を複製します。

  1. 複製する要素を表すアイコンを右クリックして、[複製] をクリックします。

    1 つのパッケージ内では、2 つの要素に同じ名前を付けることはできません。そのため、要素を複製すると、複製された要素には新しい名前が割り当てられます。

  2. ツリー ビューで、複製されたアイコンを適切なパッケージにドラッグします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×