モデルから UML 要素を削除する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ツリー ビューから要素を削除します。

  • ツリー ビューで、削除する要素を表すアイコンを右クリックし、ショートカット メニューの [削除] をクリックします。

  • 要素がツリー ビューから削除され、その要素のビューがすべて、図表から削除されます。

図から図形を削除します。

  1. 図形を選択して Del キーを押します。

    [UML オプション] ダイアログ ボックス ([UML アドオン] タブ) で [図形を削除するときにモデル要素の削除を確認] チェック ボックスをオンにすると、[図形を削除] メッセージ ボックスが表示されます。このチェック ボックスをオフにすると、要素の現在のビューは図表から削除されますが、要素はモデルから削除されません。

    ヒント: 図表から要素を削除するときの既定の機能を変更するには、[UML] メニューの [オプション] をクリックします。[UML アドオン] タブの [UML 図面ページの動作] で、[図形を削除するときにモデル要素の削除を確認] チェック ボックスをオンまたはオフにして、[OK] をクリックします。

  2. [確認] チェック ボックスがオンのときにのみ表示される [図形を削除] メッセージ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 要素の現在のビューのみを削除して UML モデル内の要素を保持するには、[はい] をクリックします。

    • 要素の現在のビュー、モデル内の要素、および関連するその他のビューすべてを削除するには、[いいえ] をクリックします。

既定の変更が UML 要素の動作を削除します。

  1. [UML] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [UML アドオン] タブの [UML 図面ページの動作] で、次のチェック ボックスをオンまたはオフにして、[OK] をクリックします。

    [図形を削除するときにモデル要素の削除を確認]

    このチェック ボックスをオンにすると、図表から図形を削除するたびに、図形 (要素のビュー) だけを削除するか、図形とモデル要素の両方を削除するかを選択するダイアログ ボックスが表示されます。

    このチェック ボックスをオフにすると、図形 (要素のビュー) だけが削除されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×