メール メッセージを迷惑メールではないメールとしてマークする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

設定した迷惑メール フィルターの処理レベルによっては、迷惑メールではないメッセージが迷惑メール フォルダーに移動される場合があります。このため、正当なメッセージを見逃すことがないように、定期的に迷惑メール フォルダーに移動されているメッセージを点検することをお勧めします。

メッセージを迷惑メールではないメールとしてマークするには、次の手順に従います。

  1. [メール] のナビゲーション ウィンドウで、[迷惑メール] フォルダをクリックします。

    ナビゲーション ウィンドウで選択されている迷惑メール フォルダー

    ヒント: 迷惑メール] フォルダーにある好ましくない内容が表示されるを防ぐために、閲覧ウィンドウをオフにすることができます。閲覧ウィンドウの設定は、各フォルダーに固有です。

  2. メッセージ一覧で、迷惑メールではないメールとしてマークするメッセージをクリックします。

  3. [ホーム] タブの [削除] で [迷惑メールではないメール] をクリックします。

ショートカット キー メッセージを迷惑メールではないメールとしてマークするには、メッセージを選び、Ctrl キーと Alt キーを押しながら J キーを押します。

注記: 

  • 迷惑メールではないメールとしてマークしたメッセージは、元のフォルダー (通常は、[受信トレイ]) に移動します。複数のメール アカウントがある場合、メッセージは、アクティブなメール アカウントの [受信トレイ] (または他の適切なフォルダー) に移動します。

  • メッセージを迷惑メールではないメールとしてマークすると、その送信者またはメーリング リスト名を信頼できる差出人のリストまたは信頼できる宛先のリストに追加できます。

  • 既定では、迷惑メール フィルターでは、メッセージをスレッド別に整理して表示します。スレッドが展開されていない場合は、スレッド見出しをクリックして、スレッド全体を迷惑メールではないメールとしてマークできます。スレッドが展開されている場合は、個々のメッセージをマークできます。

  • 迷惑メール フォルダーに入れられたメッセージはすべてテキスト形式で表示され、メッセージに含まれるすべてのリンクは無効になります。迷惑メール フォルダーから別の場所にメッセージを移動すると、元のメッセージ形式が復元され、すべてのリンクが有効になります。ただし、メッセージが疑わしいメッセージとして分類されている場合は、リンクは無効のままです。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×