メール メッセージを暗号化します。

メール メッセージを暗号化します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

メール メッセージのプライバシーを保護する必要がある場合、メッセージを暗号化します。 Outlook のメール メッセージの暗号化とは、読み取り可能なプレーン テキストから判読できない暗号化テキストに変換することを意味します。 メッセージを暗号化した 公開キー に一致する 秘密キー を持つ受信者だけがメッセージを解読することができます。 対応する秘密キーを持たない受信者には解読不可能なテキストが表示されます。 Outlook は、2 つのオプションの暗号化をサポートしています。

  1. S/MIME 暗号化の送信者と受信者の S/MIME 暗号化を使用するには、S/MIME 標準をサポートするメール アプリケーションが必要です。 Outlook は、S/MIME 標準をサポートしています。

  2. Office 365 のメッセージの暗号化(Information Rights Management) - Office 365 のメッセージの暗号化] 送信者を使用するには、Office 365 のメッセージの暗号化] O365 E3 ライセンスに含まれている必要があります。

新しい暗号化] ボタンと暗号化のメールへの更新

新しい Office 更新プログラムで Outlook の電子メールの暗号化を使用しているが向上します。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

  • アクセス許可] ボタン アクセス許可] ボタン は、暗号化ボタン [暗号化] ボタン に置き換えられます。

  • 新しい暗号化] ボタンには、両方の暗号化オプション (S/MIME および IRM) が含まれています。 S/MIME オプションが表示されるは、Outlook で構成されている S/MIME 証明書がある場合のみです。

    暗号化の追加について詳しくは、 S/MIME で暗号化またはOffice 365 のメッセージの暗号化を使用して暗号化を確認します。

S/MIME で暗号化

この手順を開始する前にする必要があります最初に追加した証明書、キーチェーン、コンピューターにします。 お使いのコンピューターをセットアップする、署名の証明書を作成したら、Outlook で構成する必要があります。

  1. [ファイル] メニューの [オプションの _gtセキュリティ センター _gtセキュリティ センターの設定を選択します。

  2. 左側のウィンドウで、電子メールのセキュリティを選択します。

  3. [電子メールの暗号化] で [設定] を選びます。

  4. [ Certificates and Algorithms] で[選択]をクリックし、[ S/MIME 証明書を選択します。

  5. [Ok] を選択します。

  6. Office 365 サブスクリプションでは、 Office の内部場合は、次のとおりに新機能が。

    メール メッセージで、オプションを選択、暗号化] を選択し、ドロップダウンからS/MIME を使用して暗号化] オプションを選びます

    お使いのコンピューターにインストールされている S/MIME 証明書がある場合、 S/MIME で暗号化が表示されます。

    Outlook 2019 と Outlook 2016

    電子メール メッセージのオプションを選択で権限を選択します。

  7. メールの作成を完了し、[送信] を選びます。

Office 365 のメッセージの暗号化を使用して暗号化します。

  • Office 365 を購読する場合は、次のとおりに新機能は。

    電子メール メッセージで、オプションを選択し、暗号化を選択し、適用するために、次のような制限のある暗号化] を選びます暗号化専用または転送不可

    ボタンのオプションを暗号化します。

    注: Office 365 のメッセージの暗号化は、O365 E3 ライセンスの一部です。 さらに、([暗号化] ボタンのオプション) を暗号化のみの機能は Exchange Online を使っているサブスクライバー (Office ProPlus ユーザー) にのみ有効です。

  • Outlook 2019 および 2016 の

    電子メール メッセージで _gtアクセス許可オプションを選択し、[転送不可など、適用するには、制限されている [暗号化] オプションを選びます。

1 つのメッセージを暗号化する

  1. 作成中のメッセージで、[ファイル]、[プロパティ] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ設定] をクリックし、[メッセージの内容と添付ファイルを暗号化する] チェック ボックスをオンにします。

  3. メッセージを作成し、[送信] をクリックします。

すべての送信メッセージを暗号化する

既定ですべての送信メッセージを暗号化することを選択した場合、他のメッセージと同様にメッセージを記述し送信できますが、受信者になる可能性のあるすべてのユーザーが、メッセージを復号化または表示するために、送信者のデジタル ID を所持している必要があります。

  1. [ファイル] タブ。 _gtセキュリティ センター _gtセキュリティ センターの設定オプションを選択します。

  2. [電子メールのセキュリティ] タブの [電子メールの暗号化] で、[送信メッセージの内容と添付ファイルを暗号化する] チェック ボックスをオンにします。

  3. 使用する特定の証明書の選択などのその他の設定を変更するには、[設定の変更] をクリックします。

1 つのメッセージを暗号化する

  1. [オプション] タブの [その他のオプション] で、作成しているメッセージでは、右下隅にあるダイアログ ボックス起動ツール ダイアログ ボックス起動ツール をクリックします。

  2. [セキュリティ設定] をクリックし、[メッセージの内容と添付ファイルを暗号化する] チェック ボックスをオンにします。

  3. メッセージを作成し、[送信] をクリックします。

すべての送信メッセージを暗号化する

既定ですべての送信メッセージを暗号化することを選択した場合、他のメッセージと同様にメッセージを入力し、送信できます。 ただし、受信者がメッセージを解読したり、表示したりするには、送信者のデジタル ID が必要になります。

  1. [ファイル] タブで [オプション]、[セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定] の順にクリックします。

  2. [電子メールのセキュリティ] タブの [電子メールの暗号化] で、[送信メッセージの内容と添付ファイルを暗号化する] チェック ボックスをオンにします。

  3. 使用する特定の証明書の選択などのその他の設定を変更するには、[設定] をクリックします。

1 つのメッセージを暗号化する

  1. メッセージで、[メッセージ] タブの [リボンの [オプション] グループで、 メッセージと添付ファイルを暗号化する 暗号化メッセージの内容と添付ファイル] ボタンをクリックします。

    注: このボタンが表示されない場合は、[オプション] の右下隅にある [オプション] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックして、[メッセージ オプション] ダイアログ ボックスを開きます。 [セキュリティ設定] ボタンをクリックし、[セキュリティ プロパティ] ダイアログ ボックスで、[メッセージ内容と添付ファイルを暗号化する] をオンにします。 [OK] をクリックし、[メッセージ オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

  2. メッセージを作成し、送信します。

すべての送信メッセージを暗号化する

すべての送信メッセージを暗号化すると、結果、電子メールは既定では暗号化されます。 送信者は他の電子メール メッセージと同様にメッセージを記述し送信できますが、受信者になる可能性のあるすべてのユーザーは、メッセージを復号化するためには、送信者のデジタル ID を所持している必要があります。

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックし、[電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  2. [電子メールの暗号化] で、[送信メッセージの内容と添付ファイルを暗号化する] チェック ボックスをオンにします。

  3. 使用する特定の証明書の選択などのその他の設定を変更するには、[設定の変更] をクリックします。

  4. [OK] を 2 回クリックします。

注: Outlook 2007 では、3DES が既定の暗号化アルゴリズムとして使用されます。 詳細については、「Outlook の証明書と暗号化電子メール メッセージングの概要」を参照してください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×