メール メッセージに会議出席依頼を返信する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

メール メッセージまたはタスクの依頼を受信したときに、応答としてワンクリックで会議出席依頼を作成できます。 Doug を表示する方法については、次のビデオで直接の手順をスキップすることもできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

会議出席依頼では、元のメッセージの [宛先] 行のユーザーを [必須出席者] として、[CC] 行のユーザーを [任意出席者] として招待します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • メッセージ一覧では、メッセージを選択し、[し、[ホーム] タブで、[返信] グループで、会議] を選びます。

    • [メッセージ] タブの [返信] グループで、開いているメッセージで選択会議

      会議で応答します。

  2. 通常の会議出席依頼と同様に、場所および開始時刻と終了時刻を入力します。 出席者の追加や削除を行ったり、スケジュール アシスタントを使用して会議の最適な時間を見つけたり、添付ファイルを追加したりすることもできます。

    元のメッセージの見出しと本文は、会議出席依頼の本文に含められます。

スレッドおよび会議出席依頼を返信

メッセージ一覧がスレッド別に配置されている場合、[会議] を使用して作成された会議出席依頼は元のメッセージと同じスレッドに関連付けられます。 会議出席依頼は、展開されたスレッドに表示されます。

展開されていないと、複数の分岐が含まれているスレッドで会議を選択すると、会議出席依頼が選択された分岐の最新のメッセージに適用されます。

スレッドの見出しを選択すると、[会議] コマンドは使用できません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×