メール メッセージにひな形、背景、またはテーマを適用する

メール メッセージにひな形、背景、またはテーマを適用する

Microsoft Outlook のひな形には背景とパターンが含まれており、フォント、箇条書き、色、効果など、統一感のあるデザイン要素が用意されています。Outlook ひな形とテーマの定義済みリストから選んで、HTML 形式のメール メッセージを簡単にカスタマイズできます。

注:  ここで説明する手順は、メッセージ形式として HTML を使用する場合にのみ適用されます。メッセージ形式として HTML を使用する方法については、「すべての新しいメッセージの形式を HTML に変更する方法」を参照してください。

Outlook のひな形とテーマをすべてのメッセージに適用する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [メール] をクリックします。

  4. [ひな形およびフォント] をクリックします。

  5. [ひな形] タブの [テーマ] をクリックします。

    注: メッセージ形式として HTML 形式を指定せずにこの手順を試行すると、"テーマはインストールされていません" というエラー メッセージが表示されます。

  6. [テーマの選択] で目的のテーマまたはひな形をクリックして、[OK] をクリックします。

  7. 使用するフォントのオプションを選択します。

すべての新しいメッセージの形式を HTML に変更する方法

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [メール] をクリックします。

  4. [メッセージの作成] の [このメッセージ形式で作成する] ボックスの一覧で、[HTML] をクリックします。

Outlook のひな形とテーマを単一のメッセージに適用する

  1. [ホーム] タブをクリックします。

  2. [新規作成] で [新しいアイテム] をクリックし、[電子メール メッセージの形式] をポイントして、[ひな形を使用した HTML 形式] をクリックします。

  3. [テーマの選択] で目的のテーマまたはひな形をクリックして、[OK] をクリックします。

  4. メッセージを作成し、送信します。

Outlook のひな形とテーマをオフにする

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [メール] をクリックします。

  4. [メッセージの作成] で [ひな形およびフォント] をクリックします。

  5. [ひな形] タブの [テーマ] をクリックします。

  6. [テーマの選択] の (テーマなし) をクリックします。

Microsoft Outlook では、次の 3 つのメッセージ形式がサポートされています。

  • HTML    Outlook の既定のメッセージ形式です。また、さまざまなフォント、色、および箇条書きを使用した従来のドキュメントと同様のメッセージを作成する場合に最適な形式でもあります。既定では、書式設定が可能なオプションのいずれか ([HTML] または [リッチ テキスト形式]) を選択すると、メッセージは HTML 形式で送信されます。このため、HTML 形式を使用した場合は、送信した内容がそのまま受信者側に表示されます。

  • テキスト形式    すべての電子メール アプリケーションでサポートされている形式です。受信するメッセージをテキスト形式のみで開くように Outlook を設定することができます。テキスト形式では、太字、斜体、色付きフォントなどのテキストの書式設定はサポートされません。また、メッセージ本文に画像を直接表示することもできません。ただし、画像を添付ファイルとして含めることはできます。

  • Outlook リッチ テキスト形式 (RTF)    次の電子メール アプリケーションでのみサポートされる Microsoft 独自の形式です。

    • Microsoft Exchange Client Versions 5.0 および 4.0

    • Microsoft Office Outlook 2007

    • Microsoft Office Outlook 2003

    • Microsoft Outlook 2002、2000、98、および 97

      Microsoft Exchange を使っている組織内でメッセージを送信する場合は RTF を使用できますが、HTML 形式を使用することをお勧めします。RTF では、行頭文字の付いた箇条書きなどのテキストの書式設定、テキストの配置、およびリンク オブジェクトの機能を使用できます。既定では、インターネット メールの受信者にメッセージを送信するときには、メッセージの書式が維持され添付ファイルが受信されるように、RTF 形式のメッセージは自動的に HTML メッセージに変換されます。また、会議の出席依頼と仕事の依頼、および返信ボタンによるメッセージも、メッセージの既定の形式に関係なく、アイテムがインターネット経由で他の Outlook ユーザーに正しく送信されるように、自動的に書式設定されます。インターネットを使って送信するメッセージが仕事の依頼や会議出席依頼の場合は、インターネットの予定表アイテムの共通形式であるインターネット予定表形式に自動変換されるため、他の電子メール アプリケーションでも対応できます。

関連情報

電子メール メッセージのひな形を作成する

返信および転送で、ひな形および色の背景を削除または変更する

受信したメッセージからひな形とテーマを削除する

注:  ここで説明する手順は、メッセージ形式として HTML を使用する場合にのみ適用されます。メッセージ形式として HTML を使用する方法については、「すべての新しいメッセージの形式を HTML に変更する方法」を参照してください。

Outlook のひな形とテーマをすべてのメッセージに適用する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [メール] をクリックします。

  4. [ひな形およびフォント] をクリックします。

  5. [ひな形] タブの [テーマ] をクリックします。

    注: メッセージ形式として HTML 形式を指定せずにこの手順を試行すると、"テーマはインストールされていません" というエラー メッセージが表示されます。

  6. [テーマの選択] で目的のテーマまたはひな形をクリックして、[OK] をクリックします。

  7. 使用するフォントのオプションを選択します。

すべての新しいメッセージの形式を HTML に変更する方法

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [メール] をクリックします。

  4. [メッセージの作成] の [このメッセージ形式で作成する] ボックスの一覧で、[HTML] をクリックします。

Outlook のひな形とテーマを単一のメッセージに適用する

  1. [ホーム] タブの [新規作成] で [新しいアイテム] をクリックし、[電子メール メッセージの形式] をポイントして、[ひな形を使用した HTML 形式] をクリックします。

  2. [テーマの選択] で目的のテーマまたはひな形をクリックして、[OK] をクリックします。

  3. メッセージを作成し、送信します。

Outlook のひな形とテーマをオフにする

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [メール] をクリックします。

  4. [メッセージの作成] で [ひな形およびフォント] をクリックします。

  5. [ひな形] タブの [テーマ] をクリックします。

  6. [テーマの選択] の (テーマなし) をクリックします。

Microsoft Outlook では、次の 3 つのメッセージ形式がサポートされています。

  • HTML    Outlook の既定のメッセージ形式です。また、さまざまなフォント、色、および箇条書きを使用した従来のドキュメントと同様のメッセージを作成する場合に最適な形式でもあります。既定では、書式設定が可能なオプションのいずれか ([HTML] または [リッチ テキスト形式]) を選択すると、メッセージは HTML 形式で送信されます。このため、HTML 形式を使用した場合は、送信した内容がそのまま受信者側に表示されます。

  • テキスト形式    すべての電子メール アプリケーションでサポートされている形式です。受信するメッセージをテキスト形式のみで開くように Outlook を設定することができます。テキスト形式では、太字、斜体、色付きフォントなどのテキストの書式設定はサポートされません。また、メッセージ本文に画像を直接表示することもできません。ただし、画像を添付ファイルとして含めることはできます。

  • Outlook リッチ テキスト形式 (RTF)    次の電子メール アプリケーションでのみサポートされる Microsoft 独自の形式です。

    • Microsoft Exchange Client Versions 5.0 および 4.0

    • Microsoft Office Outlook 2007

    • Microsoft Office Outlook 2003

    • Microsoft Outlook 2002、2000、98、および 97

      Microsoft Exchange を使用している組織内でメッセージを送信する場合は RTF を使用できますが、HTML 形式を使用することをお勧めします。RTF では、行頭文字、配置、リンク オブジェクトなどのテキストの書式設定がサポートされます。既定では、インターネット メールの受信者にメッセージを送信する場合、RTF 形式のメッセージは自動的に HTML メッセージに変換されるので、メッセージの書式設定が維持され、添付ファイルも受信されます。また、仕事の依頼や会議の出席依頼と仕事の依頼、および返信ボタンによるメッセージも、メッセージの既定の形式に関係なく、アイテムがインターネット経由で他の Outlook ユーザーに正しく送信されるように、自動的に書式設定されます。インターネット接続を経由して送信されるメッセージが仕事の依頼や会議の出席依頼である場合、Outlook では、インターネットの予定表アイテムの共通形式であるインターネット予定表形式に自動的に変換されるので、他の電子メール アプリケーションでも対応できます。

関連情報

電子メール メッセージのひな形を作成する

ひな形を他のコンピューターにコピーする

返信または転送するときに、背景およびひな形を削除または変更する

受信したメッセージからひな形とテーマを削除する

注: ここで説明する手順は、メッセージ形式として HTML を使用する場合にのみ適用されます。[ツール] メニューで、[オプション] をクリックし、[メール形式] タブをクリックします。[このメッセージ形式で作成する] リストで、[HTML] をクリックします。

Outlook のひな形とテーマをすべてのメッセージに適用する

  1. Outlook ウィンドウの [ツール] メニューで、[オプション] をクリックし、[メール形式] タブをクリックします。

  2. [このメッセージ形式で作成する] リストで、[HTML] をクリックします。

  3. [ひな形およびフォント] をクリックします。

  4. [ひな形] タブの [テーマ] をクリックします。

  5. [テーマの選択] で目的のテーマまたはひな形をクリックして、[OK] をクリックします。

    [テーマまたはステーショナリー] ダイアログ ボックス

  6. 使用するフォントのオプションを選択します。

  7. メッセージの返信に入力するコメントに自分の名前をラベルとして入れるには、[元のメッセージを編集するときに次のコメントを入れる] チェック ボックスをオンにして、名前などのラベルを入力します。

  8. メッセージの返信時または転送時に自分のテキストのフォントを別の色に変更するには、[返信または転送時に新しい色を適用する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [OK] を 2 回クリックします。

    新しいメッセージを作成すると、選んだひな形またはテーマが自動的に使用されます。

ヒント: 開いているメッセージから Outlook ひな形またはテーマを選ぶには、[挿入] タブの [同時に印刷する項目] をクリックし、[署名] をクリックし、[署名] をクリックします。[ひな形] タブの [テーマ] をクリックします。

注: Outlook のひな形またはテーマはカスタマイズできません。

Outlook のひな形とテーマを単一のメッセージに適用する

  1. Outlook のメイン ウィンドウから、[アクション] メニューの [新しいメッセージの形式] をポイントし、[ひな形を使用した HTML 形式] をクリックします。

  2. [テーマの選択] で目的のテーマまたはひな形をクリックして、[OK] をクリックします。

  3. メッセージを作成し、送信します。

注: ひな形またはテーマは返信に適用できません。

Outlook のひな形とテーマをオフにする

  1. Outlook ウィンドウの [ツール] メニューで、[オプション] をクリックし、[メール形式] タブをクリックします。

  2. [ひな形およびフォント] をクリックします。

  3. [ひな形] タブの [テーマ] をクリックします。

  4. [テーマの選択] の [テーマなし] をクリックし、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

Microsoft Outlook では、次の 3 つのメッセージ形式がサポートされています。

  • HTML    Outlook の既定のメッセージ形式です。また、さまざまなフォント、色、および箇条書きを使用した従来のドキュメントと同様のメッセージを作成する場合に最適な形式でもあります。既定では、書式設定が可能なオプションのいずれか ([HTML] または [リッチ テキスト形式]) を選択すると、メッセージは HTML 形式で送信されます。このため、HTML 形式を使用した場合は、送信した内容がそのまま受信者側に表示されます。

  • テキスト形式    すべての電子メール アプリケーションでサポートされている形式です。受信するメッセージをテキスト形式のみで開くように Outlook を設定することができます。テキスト形式では、太字、斜体、色付きフォントなどのテキストの書式設定はサポートされません。また、メッセージ本文に画像を直接表示することもできません。ただし、画像を添付ファイルとして含めることはできます。

  • Outlook リッチ テキスト形式 (RTF)    次の電子メール アプリケーションでのみサポートされる Microsoft 独自の形式です。

    • Microsoft Exchange Client Versions 5.0 および 4.0

    • Microsoft Office Outlook 2007

    • Microsoft Office Outlook 2003

    • Microsoft Outlook 2002、2000、98、および 97

      Microsoft Exchange を使っている組織内でメッセージを送信する場合は RTF を使用できますが、HTML 形式を使用することをお勧めします。RTF では、行頭文字の付いた箇条書きなどのテキストの書式設定、テキストの配置、およびリンク オブジェクトの機能を使用できます。既定では、インターネット メールの受信者にメッセージを送信するときには、メッセージの書式が維持され添付ファイルが受信されるように、RTF 形式のメッセージは自動的に HTML メッセージに変換されます。また、会議の出席依頼と仕事の依頼、および返信ボタンによるメッセージも、メッセージの既定の形式に関係なく、アイテムがインターネット経由で他の Outlook ユーザーに正しく送信されるように、自動的に書式設定されます。インターネットを使って送信するメッセージが仕事の依頼や会議出席依頼の場合は、インターネットの予定表アイテムの共通形式であるインターネット予定表形式に自動変換されるため、他の電子メール アプリケーションでも対応できます。

関連情報

返信または転送するときに、背景およびひな形を削除または変更する

受信したメッセージからひな形とテーマを削除する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×