メール メッセージで文書を送信する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word、Excel、PowerPoint で、操作中のアプリケーションから連絡先にファイルを送信できます。 ファイルを添付ファイルとしてや、メッセージの本文で送信できます。またファイルが Windows Live OneDrive または SharePoint にある場合は、ファイルへのリンクを送信できます。

注: Microsoft Office for Mac Home and Business 2011 をご使用の場合は、メッセージは Outlook で作成されます。 Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 をご使用の場合は、メッセージは Apple Mail で作成されます。

  1. [ファイル] メニューの [共有] をポイントして、次のいずれかの操作を実行します。

文書を送信するには

操作

添付ファイルとして (Word、Excel、PowerPoint)

[電子メール (添付ファイル)] をクリックします。

メッセージの本文で (Word と Excel のみ)

[電子メール (HTML)] をクリックします。

注: このオプションは、Outlook または Apple Mail でアカウントを設定している場合に限り使用できます。

リンクとして (Word、Excel、PowerPoint)

[電子メール (リンク)] をクリックします。

注: このオプションは、作業中のドキュメントが Windows Live OneDrive または SharePoint にある場合に限り使用できます。

  1. 受信者 (複数可) を入力し、必要に応じて件名行とメッセージ本文を編集して、[送信] をクリックします。

関連項目

Office for Mac ファイルを保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×