メール アカウントを Outlook for PC に追加する

Office 365 またはいずれかの Microsoft Office スイート製品から Outlook をインストールした後は、1 つ以上の電子メール アカウントを追加できます。たとえば、Office 365 のお客様の場合、Office 365 のメールを Outlook に追加できます。また、Outlook.com、Hotmail.com、Live.com、Gmail、Yahoo のアカウントなどの個人用メール アカウントを追加したり、Xfinity、Verizon などのインターネット サービス プロバイダー (ISP) の電子メールを確認したりすることもできます。

ヘルプのアイコン メールの設定で問題がある場合、または手動のセットアップ手順が必要な場合は、「Outlook メールのセットアップのトラブルシューティング」を参照してください。メール アカウントを追加せずに Outlook 2016 を使用する場合は、メール アカウントを追加せずに Outlook 2016 を開くに関するページを参照してください。

Outlook 2016 に追加する電子メール アカウントの種類を選択します。これらの手順を使用すると、1 つ目のアカウント、およびその他すべてのアカウントを追加できます。

Office 365、Exchange Server アカウント、Outlook.com、Hotmail.com、および Live.com アカウントなど、ほとんどの電子メール アカウントを簡単な手順を行うだけで設定できます。

線

手順 1
Outlook 2016 を開きます。

Android 版 Outlook

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいアカウントを追加する

線

手順 3
メール アドレスを入力して [接続] を選択するか、画面が異なる場合は、名前、メール アドレス、およびパスワードを入力して [次へ] を選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 4
メッセージが表示されたら、パスワードを入力し、[OK] を選択します。

パスワードを入力する

線

手順 5
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook 2016 の使用を開始します。

チェックマーク

Gmail アカウントを Outlook に追加する前に、Gmail で 2 要素認証を有効にして、Gmail の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook に Gmail アカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常の Gmail のメール パスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、Gmail が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: Gmail でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
使用しているブラウザーから Gmail にアクセスして、画面の右上隅にある Google アプリ アイコンを選択します。

Google アプリの設定を選択する

線

手順 2
[アカウント]、[ログインとセキュリティ]、[Google へのログイン] の順に選択します。

Google にサインインする

線

手順 3
[パスワードとログイン方法] で、[2 段階認証プロセス] が [オン] になっている場合は、次の手順に進んでください。オンになっていない場合は、[2 段階認証プロセス] を選択して、画面の指示に従います。完了したら、画面上部の戻る矢印を選択します。

[戻る] 矢印を選択して続ける

線

手順 4
[パスワードとログイン方法] で [アプリ パスワード] を選択します。

アプリを選ぶ

線

手順 5
Google のパスワードを入力して、[ログイン] を選択します。次の画面の下部で、ドロップダウン リストから [メール] と [Windows コンピューター] を選択して、[生成] を選択します。

アプリ パスワードのアプリケーションとデバイスを選ぶ

線

手順 6
Google からお客様のアプリ パスワードが表示されます。このパスワードをメモします (スペースなし)。

スペースを入れずにアプリ パスワードをコピーする

手順 2: Outlook 2016 に Gmail アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook 2016 を開きます。

Android 版 Outlook

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいアカウントを追加する

線

手順 3
メール アドレスを入力して [接続] を選択するか、画面が異なる場合は、名前、Gmail のアドレス、および上記の手順 6 のアプリ パスワードを入力して [次へ] を選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 4
メッセージが表示されたら、上記の手順 6 で生成されたアプリ パスワードを入力して、[OK] を選択します。

パスワードを入力する
線

手順 5
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

iCloud、Apple、または @me.com アカウントを Outlook に追加する前に、iCloud で 2 要素認証を有効にして、iCloud の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook にアカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常のパスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、iCloud が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: iCloud でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
ブラウザーから Apple ID の Web サイトに移動し、Apple ID およびパスワードを入力します。

iCloud のユーザー名とパスワードでログインする

線

手順 2
既に 2 要素認証を有効にしている場合、いずれかのデバイスにコードが表示されます。続行するには、このコードを入力します。それ以外の場合、2 要素認証を有効にします。

2 要素認証のコードを入力する

線

手順 3
[セキュリティ] セクションの [アプリ固有パスワード] で、[パスワードの生成...] を選択します。

線

手順 4
Outlook などの名前を入力して、[作成] を選択します。

新しいアプリ パスワードの名前を入力する

線

手順 5
表示されたアプリ パスワードをコピーします。このパスワードをメモしておきます。

アプリ パスワードをコピーする

線

手順 2: Outlook 2016 に iCloud アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook 2016 を開きます。

Android 版 Outlook

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいアカウントを追加する

線

手順 3
メール アドレスを入力して [接続] を選択するか、画面が異なる場合は、名前、iCloud、Apple、または @me.com のアドレス、および上記の手順 5 のアプリ パスワードを入力して [次へ] を選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 4
メッセージが表示されたら、上記の手順 5 で生成されたアプリ パスワードをもう一度入力して、[OK] を選択します。

パスワードを入力する
線

手順 5
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

Yahoo アカウントを Outlook 2016 に追加する前に、Yahoo の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook に Yahoo アカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常の Yahoo のメール パスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、Yahoo が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

:Microsoft では、一部のユーザーが IMAP アカウント (Gmail、Yahoo、Apple など) をセットアップできなくなる問題について調査を行っています。Outlook にアカウントを追加しようとして、パスワードを求められない場合、この問題の影響を受けます。回避策については、Outlook でパスワードを求められないに関するページを参照してください。 

手順 1: Yahoo でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
使用しているブラウザーから Yahoo にアクセスして、画面の右上隅にある設定アイコンを選択します。

設定アイコンを選ぶ

線

手順 2
[アカウント情報]、[アカウント セキュリティ] の順に選択します。もう一度サインインする必要があります。

Yahoo アカウントのセキュリティ設定を変更する

線

手順 3
必要に応じて、2 段階認証を有効にします。それ以外の場合は、[アプリ パスワードを管理する] を選択します。

Yahoo アカウントを確認できます

線

手順 4
ドロップダウン リストから [Outlook デスクトップ] を選択し、[生成] を選択します。

アプリを選ぶ

線

手順 5
Yahoo からお客様のアプリ パスワードが表示されます。このパスワードをメモします (スペースなし)。

アプリ パスワードをメモする

手順 2: Outlook 2016 に Yahoo アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook 2016 を開きます。

Android 版 Outlook

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいアカウントを追加する

線

手順 3
メール アドレスを入力して [接続] を選択するか、画面が異なる場合は、名前、メール アドレス、および上記の手順 5 のアプリ パスワードを入力して [次へ] を選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 4
もう一度メッセージが表示されたら、上記の手順 5 で生成されたアプリ パスワードを入力して、[OK] を選択します。

パスワードを入力する
線

手順 5
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

お客様がインターネット サービス プロバイダー、携帯電話会社、または Exchange Server を使用していない一般企業のアカウントを所有している場合、Outlook はお客様の設定を見つけようとします。ただし、Outlook が設定を見つけることができない場合は、メール プロバイダー設定リファレンスで検索することができます。所有しているアカウントの種類を選択し、Outlook 2016 に必要な設定を確認します。

線

手順 1
Outlook 2016 を開きます。

Android 版 Outlook

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいアカウントを追加する

線

手順 3
メール アドレスを入力して [接続] を選択するか、画面が異なる場合は、名前、メール アドレス、およびパスワードを入力して [次へ] を選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 4
パスワードを入力して、[OK] を選びます。パスワードを複数回入力する必要がある場合があります。

パスワードを入力する

線

手順 5
Outlook には、すべてのメール サーバーの設定を一覧表示する画面が表示される場合があります。[接続] を選びます。

電子メール アカウント設定を確認する
線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

Outlook の自動セットアップが失敗することもあります。その場合は、ほとんどのアカウントの種類を手動で追加することができます。Exchange Server アカウントを手動で追加することはできません。Office 365 のメール アカウントを手動で追加する場合は、IMAP アカウントとして追加する必要があります。メール アカウントの手動によるサーバー設定を確認するには、メール プロバイダー設定リファレンスにアクセスしてください。所有しているアカウントの種類を選択し、Outlook 2016 に必要な設定を確認します。

線

手順 1
Outlook 2016 を開きます。

Android 版 Outlook

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいアカウントを追加する

線

手順 3
[詳細設定]、[自分でアカウントの設定を行う]、[接続] の順に選択します。

自分でアカウントの設定を行う

線

手順 4
アカウントの種類 (通常は、[POP または IMAP]) を選択します。

追加するアカウントの種類を選択します。

線

手順 5
POP と IMAP のアカウント設定」トピックで、受信メール サーバー送信メール サーバーポート暗号化方法セキュリティで保護されたパスワード認証の情報を確認できます。[接続] を選びます。

メール サーバーの情報を入力する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

Outlook 2016 でのアカウントの追加で問題がある場合は、次の設定をもう一度確認してください。

  • ユーザー名には、完全なメール アドレスを入力します。

  • 通常、受信サーバー ポートは 993 です。

  • 通常、送信サーバー ポートは 465 です。

Outlook 2013 に追加するメール アドレスの種類を選択します。これらの手順を使用すると、1 つ目のアカウント、およびその他すべてのアカウントを追加できます。

Office 365、Exchange Server アカウント、Outlook.com、Hotmail.com、および Live.com アカウントなど、ほとんどの電子メール アカウントを簡単な手順を行うだけで設定できます。

線

手順 1
Outlook 2013 を開きます。

Outlook 2013

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
名前、メール アドレス、およびパスワードを入力します。[次へ]、[完了] の順に選択して、Outlook の使用を開始します。

Outlook の設定

Gmail アカウントを Outlook に追加する前に、Gmail の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook に Gmail アカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常の Gmail のメール パスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、Gmail が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: Gmail でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
使用しているブラウザーから Gmail にアクセスして、画面の右上隅にある Google アプリ アイコンを選択します。

Google アプリの設定を選択する

線

手順 2
[アカウント]、[ログインとセキュリティ]、[Google へのログイン] の順に選択します。

Google にサインインする

線

手順 3
[パスワードとログイン方法] で、[2 段階認証プロセス] が [オン] になっている場合は、次の手順に進んでください。オンになっていない場合は、[2 段階認証プロセス] を選択して、画面の指示に従います。完了したら、画面上部の戻る矢印を選択します。

[戻る] 矢印を選択して続ける

線

手順 4
[パスワードとログイン方法] で [アプリ パスワード] を選択します。

アプリを選ぶ

線

手順 5
Google のパスワードを入力して、[ログイン] を選択します。次の画面の下部で、ドロップダウン リストから [メール] と [Windows コンピューター] を選択して、[生成] を選択します。

アプリ パスワードのアプリケーションとデバイスを選ぶ

線

手順 6
Google からお客様のアプリ パスワードが表示されます。このパスワードをメモします (スペースなし)。

スペースを入れずにアプリ パスワードをコピーする

手順 2: Outlook 2013 に Gmail アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook を開きます。

Outlook 2013

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
名前、Gmail のメール アドレス、上記の手順 5 で生成したアプリ パスワードを入力します。[次へ]、[完了] の順に選択して、Outlook の使用を開始します。

メール アドレスとパスワードを入力する

iCloud、Apple、または @me.com アカウントを Outlook に追加する前に、iCloud で 2 要素認証を有効にして、iCloud の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook にアカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常のパスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、iCloud が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: iCloud でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
ブラウザーから Apple ID の Web サイトに移動し、Apple ID およびパスワードを入力します。

iCloud のユーザー名とパスワードでログインする

線

手順 2
既に 2 要素認証を有効にしている場合、いずれかのデバイスにコードが表示されます。続行するには、このコードを入力します。それ以外の場合、2 要素認証を有効にします。

2 要素認証のコードを入力する

線

手順 3
[セキュリティ] セクションの [アプリ固有パスワード] で、[パスワードの生成...] を選択します。

線

手順 4
Outlook などの名前を入力して、[作成] を選択します。

新しいアプリ パスワードの名前を入力する

線

手順 5
表示されたアプリ パスワードをコピーします。このパスワードをメモしておきます。

アプリ パスワードをコピーする

線

手順 2: Outlook 2013 に iCloud アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook 2013 を開きます。

Outlook 2013

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
名前、iCloud、Apple、または @me.com のメール アドレス、上記の手順 5 で生成したアプリ パスワードを入力します。[次へ]、[完了] の順に選択して、Outlook の使用を開始します。

メール アドレスとパスワードを入力する

Yahoo アカウントを Outlook に追加する前に、Yahoo の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook に Yahoo アカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常の Yahoo のメール パスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、Yahoo が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: Yahoo でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
使用しているブラウザーから Yahoo にアクセスして、画面の右上隅にある設定アイコンを選択します。

設定アイコンを選ぶ

線

手順 2
[アカウント情報]、[アカウント セキュリティ] の順に選択します。もう一度サインインする必要があります。

Yahoo アカウントのセキュリティ設定を変更する

線

手順 3
必要に応じて、2 段階認証を有効にします。それ以外の場合は、[アプリ パスワードを管理する] を選択します。

Yahoo アカウントを確認できます

線

手順 4
ドロップダウン リストから [Outlook デスクトップ] を選択し、[生成] を選択します。

アプリを選ぶ

線

手順 5
Yahoo からお客様のアプリ パスワードが表示されます。このパスワードをメモします (スペースなし)。

アプリ パスワードをメモする

手順 2: Outlook 2013 に Yahoo アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook 2013 を開きます。

Outlook 2013

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
名前、Yahoo のメール アドレス、上記の手順 5 で生成したアプリ パスワードを入力します。[次へ]、[完了] の順に選択して、Outlook の使用を開始します。

メール アドレスとパスワードを入力する

インターネット サービス プロバイダー、携帯電話会社、または Exchange Server を使用していないビジネスによるアカウントを所有している場合は、そのアカウントを Outlook に追加する前に、アカウントの種類、受信サーバー名と送信サーバー名、およびセキュリティ設定を確認する必要がある場合があります。

多くの一般的なメール アカウントの場合、Microsoft が メール プロバイダーの設定リファレンスにお客様の情報をまとめています。所有しているアカウントの種類を選択し、Outlook 2013 に必要な設定を確認します。

線

手順 1
Outlook を開きます。

Outlook 2013

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択して、[POP または IMAP]、[次へ] の順に選択します。

[手動セットアップ] を選ぶ

線

手順 4
メール プロバイダーから受け取った情報をフィールドに入力します。ユーザー名には、完全なメール アドレスを入力します。[詳細設定] を選択します。

IMAP のアカウント設定を入力する

線

手順 5
[送信サーバー] タブで、[送信サーバーは認証が必要] のチェックボックスをオンにします。[詳細設定] タブで、メール プロバイダーのポート番号と暗号化オプションを入力します。[OK]、[次へ] の順に選択します。

詳細設定を入力する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

Outlook 2010 に追加するメール アドレスの種類を選択します。これらの手順では、1 つ目のアカウントとその他すべてのアカウントを追加できます。複数のメール アカウントを追加できますが、追加できる Exchange Server アカウントは 1 つのみです。2 つ目の Exchange アカウントを追加するには、最初に新しいプロフィールを作成する必要があります。

線

手順 1
Outlook 2010 を開きます。

Outlook 2010

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

Outlook 2010 に新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
名前、メール アドレス、およびパスワードを入力します。パスワードを再入力した後、[次へ]、[完了] の順に選択して、Outlook の使用を開始します。

Exchange のメール アドレスとパスワードを入力する

Gmail アカウントを Outlook に追加する前に、Gmail の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook に Gmail アカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常の Gmail のメール パスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、Gmail が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: Gmail でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
使用しているブラウザーから Gmail にアクセスして、画面の右上隅にある Google アプリ アイコンを選択します。

Google アプリの設定を選択する

線

手順 2
[アカウント]、[ログインとセキュリティ]、[Google へのログイン] の順に選択します。

Google にサインインする

線

手順 3
[パスワードとログイン方法] で、[2 段階認証プロセス] が [オン] になっている場合は、次の手順に進んでください。オンになっていない場合は、[2 段階認証プロセス] を選択して、画面の指示に従います。完了したら、画面上部の戻る矢印を選択します。

[戻る] 矢印を選択して続ける

線

手順 4
[パスワードとログイン方法] で [アプリ パスワード] を選択します。

アプリを選ぶ

線

手順 5
Google のパスワードを入力して、[ログイン] を選択します。次の画面の下部で、ドロップダウン リストから [メール] と [Windows コンピューター] を選択して、[生成] を選択します。

アプリ パスワードのアプリケーションとデバイスを選ぶ

線

手順 6
Google からお客様のアプリ パスワードが表示されます。このパスワードをメモします (スペースなし)。

スペースを入れずにアプリ パスワードをコピーする

手順 2: Outlook 2010 に Gmail アカウントを追加する

これで Gmail アカウントを Outlook 2010 に追加する準備ができました。

線

手順 1
Outlook 2010 を開きます。

Outlook 2010

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

Outlook 2010 に新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択します。

Exchange のメール アドレスとパスワードを入力する

[インターネット電子メール]、[次へ] の順に選択します。

線

手順 4
IMAP アカウント、受信サーバーに imap.gmail.com、送信サーバーに smtp.gmail.com を選択し、ユーザー名に完全なメール アドレス、および上記の手順 5 のアプリ パスワードを入力します。[詳細設定] を選択します。

Gmail サーバーの設定を入力する

線

手順 5
[送信サーバー] タブで、[送信サーバー (SMTP) は認証が必要] を選択します。[詳細設定] タブで、受信サーバーは 993 で、送信サーバーは 465 です。両方のドロップダウン リストから [SSL] を選択します。[OK]、[次へ] の順に選択します。

サーバーのポート番号を入力する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

iCloud、Apple、または @me.com アカウントを Outlook に追加する前に、iCloud で 2 要素認証を有効にして、iCloud の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook にアカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常のパスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、iCloud が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: iCloud でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
ブラウザーから Apple ID の Web サイトに移動し、Apple ID およびパスワードを入力します。

iCloud のユーザー名とパスワードでログインする

線

手順 2
既に 2 要素認証を有効にしている場合、いずれかのデバイスにコードが表示されます。続行するには、このコードを入力します。それ以外の場合、2 要素認証を有効にします。

2 要素認証のコードを入力する

線

手順 3
[セキュリティ] セクションの [アプリ固有パスワード] で、[パスワードの生成...] を選択します。

線

手順 4
Outlook などの名前を入力して、[作成] を選択します。

新しいアプリ パスワードの名前を入力する

線

手順 5
表示されたアプリ パスワードをコピーします。このパスワードをメモしておきます。

アプリ パスワードをコピーする

線

手順 2: Outlook 2010 に iCloud アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook 2010 を開きます。

Outlook 2010

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

Outlook 2010 に新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択します。

Exchange のメール アドレスとパスワードを入力する

[インターネット電子メール]、[次へ] の順に選択します。

線

手順 4
IMAP アカウント、受信サーバーに imap.mail.me.com、送信サーバーに smtp.mail.me.com を選択し、ユーザー名に完全なメール アドレス、および上記の手順 5 のアプリ パスワードを入力します。[詳細設定] を選択します。

Gmail サーバーの設定を入力する

線

手順 5
[送信サーバー] タブで、[送信サーバー (SMTP) は認証が必要] を選択します。[詳細設定] タブで、受信サーバーは 993 で、送信サーバーは 587 です。両方のドロップダウン リストから [SSL] を選択します。[OK]、[次へ] の順に選択します。

サーバーのポート番号を入力する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

Yahoo アカウントを Outlook に追加する前に、Yahoo の Web サイトからアプリ パスワードを生成する必要があります。アプリ パスワードを取得したら、Outlook に Yahoo アカウントを追加することができます。

アプリ パスワードは、通常の Yahoo のメール パスワードの代わりに使用するワンタイム パスワードです。このパスワードによって、Yahoo が電子メールにアクセスしているユーザーがお客様であることを確認できます。

手順 1: Yahoo でアプリ パスワードを生成する

線

手順 1
使用しているブラウザーから Yahoo にアクセスして、画面の右上隅にある設定アイコンを選択します。

設定アイコンを選ぶ

線

手順 2
[アカウント情報]、[アカウント セキュリティ] の順に選択します。もう一度サインインする必要があります。

Yahoo アカウントのセキュリティ設定を変更する

線

手順 3
2 段階認証を有効にします。もう一度サインインする必要がある場合があります。テキスト メッセージの確認コードを受け取る電話番号を入力します。コードを入力し、[アプリ パスワードを作成する] を選択します。

Yahoo アカウントを確認できます

線

手順 4
[アプリ パスワードを管理する] を選択して、ドロップダウン リストから [Outlook デスクトップ] を選択し、[生成] を選択します。

アプリを選ぶ

線

手順 5
Yahoo からお客様のアプリ パスワードが表示されます。このパスワードをメモします (スペースなし)。

アプリ パスワードをメモする

手順 2: Outlook 2010 に Yahoo アカウントを追加する

線

手順 1
Outlook 2010 を開きます。

Outlook 2007 を起動する

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

Outlook 2010 に新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択します。

Exchange のメール アドレスとパスワードを入力する

線

手順 4
[インターネット電子メール]、[次へ] の順に選択します。IMAP アカウントを選択します。受信サーバーは imap.mail.yahoo.com で、送信サーバーは smtp.mail.yahoo.com です。ユーザー名には、完全なメール アドレスを入力します。上記の手順 5 のアプリ パスワードを使用します。次に、[詳細設定] を選択します。

Yahoo のサーバー情報を入力する

線

手順 5
[送信サーバー] タブで、[送信サーバー (SMTP) は認証が必要] を選択します。[詳細設定] タブで、受信サーバーに「993」を入力し、両方のドロップダウン リストから SSL を選択し、送信サーバーに「465」を入力します。[OK]、[次へ] の順に選択します。

サーバーのポート番号を入力する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

インターネット サービス プロバイダー、携帯電話会社、または Exchange Server を使用していないビジネスによるアカウントを所有している場合は、そのアカウントを Outlook に追加する前に、アカウントの種類、受信サーバー名と送信サーバー名、およびセキュリティ設定を確認する必要がある場合があります。

多くの一般的なメール アカウントの場合、Microsoft が メール プロバイダーの設定リファレンスにお客様の情報をまとめています。所有しているアカウントの種類を選択し、Outlook 2010 に必要な設定を確認します。

線

手順 1
Outlook 2010 を開きます。

Outlook 2007 を起動する

線

手順 2
[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

Outlook 2010 に新しいメール アカウントを追加する

線

手順 3
[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択します。

Exchange のメール アドレスとパスワードを入力する

線

手順 4
[インターネット電子メール]、[次へ] の順に選択します。IMAP アカウントを選択します。アカウント プロバイダーのサーバー設定を入力します。ユーザー名には、完全なメール アドレスを入力します。[詳細設定] を選択します。

Yahoo のサーバー情報を入力する

線

手順 5
[送信サーバー] タブで、[送信サーバー (SMTP) は認証が必要] を選択します。[詳細設定] タブで、受信サーバーに「993」を入力し、両方のドロップダウン リストから SSL を選択し、送信サーバーに「465」を入力します。[OK]、[次へ] の順に選択します。

サーバーのポート番号を入力する
線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

Outlook 2007 に追加するメール アドレスの種類を選択します。これらの手順では、1 つ目のメール アカウントとその他すべてのメール アカウントを追加できます。複数のメール アカウントを追加できますが、追加できる Exchange Server アカウントは 1 つのみです。2 つ目の Exchange アカウントを追加するには、最初に Outlook プロフィールを作成する必要があります。

線

手順 1
Outlook 2007 を開きます。

Outlook 2007 を起動する

線

手順 2
[ツール]、[アカウント設定] の順に選択します。[電子メール] タブで、[新規] を選択します。

[アカウント設定] で新しいアカウントを追加する

線

手順 3
[Microsoft Exchange、POP3、IMAP、または HTTP]、[次へ] の順に選択します。

追加するアカウントの種類を選択する

線

手順 4
名前、メール アドレス、およびパスワードを入力します。もう一度パスワードを入力し、[次へ] を選択します。

メール アドレスとパスワードを入力する

線

手順 5
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

POP または IMAP アカウントとして Gmail アカウントを追加できます。この操作を行う前に、Gmail アカウントへの POP または IMAP アクセスを有効にする必要があります。使用しているブラウザーで Gmail にアクセスして、設定アイコン、[設定]、[メール転送と POP/IMAP 設定] の順に選択します。[すべてのメールで POP を有効にする] または [IMAP を有効にする] のいずれかを選択します。IMAP が推奨されます。

線

手順 1
Outlook 2007 を開きます。

Outlook 2007 を起動する

線

手順 2
[ツール]、[アカウント設定] の順に選択します。[電子メール] タブで、[新規] を選択します。

[アカウント設定] で新しいアカウントを追加する

線

手順 3
[Microsoft Exchange、POP3、IMAP、または HTTP]、[次へ]、[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択します。

Gmail メールの手動セットアップを選ぶ

線

手順 4
[インターネット電子メール]、[次へ] の順に選択します。

[インターネット電子メール] を選ぶ

線

手順 5
IMAP アカウントを選択します。受信メール サーバーは imap.gmail.com で、送信メール サーバーは smtp.gmail.com です。ユーザー名には、完全なメール アドレスを入力します。[次へ] を選択します。

Gmail アカウントの詳細を入力する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

Yahoo アカウントを Outlook 2007 に追加する場合、IMAP アカウントを選択する必要があります。

線

手順 1
Outlook 2007 を開きます。

Outlook 2007 を起動する

線

手順 2
[ツール]、[アカウント設定] の順に選択します。[電子メール] タブで、[新規] を選択します。

[アカウント設定] で新しいアカウントを追加する

線

手順 3
[Microsoft Exchange、POP3、IMAP、または HTTP]、[次へ]、[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択します。

Yahoo メールの手動セットアップを選ぶ

線

手順 4
[インターネット電子メール]、[次へ] の順に選択します。

[インターネット電子メール] を選ぶ

線

手順 5
IMAP アカウントを選択します。受信メール サーバーは imap.mail.yahoo.com で、送信メール サーバーは smtp.mail.yahoo.com です。ユーザー名には、完全なメール アドレスを入力します。[次へ] を選択します。

さまざまなアカウント設定を編集する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

インターネット サービス プロバイダー、携帯電話会社、または Exchange Server を使用していないビジネスによるアカウントを所有している場合は、そのアカウントを Outlook に追加する前に、アカウントの種類、受信サーバー名と送信サーバー名、およびセキュリティ設定を確認する必要がある場合があります。

多くの一般的なメール アカウントの場合、Microsoft が メール プロバイダーの設定リファレンスにお客様の情報をまとめています。所有しているアカウントの種類を選択し、Outlook 2007 に必要な設定を確認します。

線

手順 1
Outlook 2007 を開きます。

Outlook 2007 を起動する

線

手順 2
[ツール]、[アカウント設定] の順に選択します。[電子メール] タブで、[新規] を選択します。

[アカウント設定] で新しいアカウントを追加する

線

手順 3
[Microsoft Exchange、POP3、IMAP、または HTTP]、[次へ]、[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)]、[次へ] の順に選択します。

Yahoo メールの手動セットアップを選ぶ

線

手順 4
[インターネット電子メール]、[次へ] の順に選択します。

[インターネット電子メール] を選ぶ

線

手順 5
ユーザー名として完全なメール アドレスを使用して、必要な情報を入力します。[次へ] を選択します。

さまざまなアカウント設定を編集する

線

手順 6
手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook の使用を開始します。

チェックマーク

メールの設定で問題がある場合、または手動のセットアップ手順が必要な場合は、「Troubleshooting Outlook email setup」 (Outlook メールの設定のトラブルシューティング) を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×