メールボックス移行用の CSV ファイル

コンマ区切り値 (CSV) ファイルを使って、多数のユーザー メールボックスを一括移行できます。Exchange 管理センター (EAC) または Exchange Management Shell の New-MigrationBatch コマンドレットを使って移行バッチを作成するときに、CSV ファイルを指定できます。移行バッチで移行する複数のユーザーの CSV による指定は、次の移行シナリオでサポートされます。

  • Office 365 でのオンボーディングとオフボーディング   

    • オンボーディング リモート移動移行:    Exchange のハイブリッド展開では、オンプレミスの Exchange 組織から Office 365 にメールボックスを移動できます。メールボックスを Office 365 にオンボードするので、これはオンボーディング リモート移動移行とも呼ばれます。

    • オフボーディング リモート移動移行:    オフボーディング リモート移動移行を実行して、Office 365 のメールボックスをオンプレミスの Exchange 組織に移行することもできます。

      注: オンボーディングとオフボーディングどちらのリモート移動移行も、Office 365 組織から開始されます。

    • 段階的 Exchange 移行:    オンプレミスの Exchange 組織から Office 365 にメールボックスのサブセットを移行することもできます。これは、別の種類のオンボーディング移行です。段階的 Exchange 移行を使って移行できるのは、Exchange 2003 と Exchange 2007 のメールボックスだけです。段階的移行を使う Exchange 2010 と Exchange 2013 のメールボックスの移行は、サポートされていません。段階的移行を実行する前に、ディレクトリ同期または他の何らかの方法を使って、Office 365 組織のメール ユーザーをプロビジョニングする必要があります。

    • IMAP 移行:    このオンボーディング移行方法は、IMAP サーバー (Exchange を含む) から Office 365 にメールボックス データを移行します。IMAP 移行では、メールボックス データを移行する前に、Office 365 でメールボックスをプロビジョニングする必要があります。

注: 一括 Exchange 移行では、オンプレミスのすべてのユーザー メールボックスが 1 つのバッチで Office 365 に移行されるので、CSV ファイルの使用はサポートされません。

一括移動または移行用の CSV ファイルでサポートされる属性

ユーザーの移行に使われる CSV ファイルの 1 行目つまりヘッダー行には、2 行目以降で指定されている属性つまりフィールドの名前が一覧表示されています。各属性名はコンマで区切られます。ヘッダー行の下の各行は個々のユーザーを表し、移行に必要な情報を提供します。各個別ユーザー行の属性は、ヘッダー行の属性名と同じ順序になっている必要があります。各属性値はコンマで区切られます。特定のレコードの属性値が null の場合、その属性には何も入力しないでください。ただし、次の属性と null 値を区切るコンマを含めることを忘れないでください。

CSV ファイルの属性値は、EAC またはシェルで移行バッチを作成するときにその同じパラメーターに対して使われた値を上書きします。詳細な情報と例については、「CSV ファイルの属性値で移行バッチの値を上書きする」を参照してください。

ヒント: 任意のテキスト エディターを使って CSV ファイルを作成できますが、Microsoft Excel などのアプリケーションを使うと、簡単にデータをインポートして、CSV ファイルを構成および編成できます。CSV ファイルは必ず .csv または .txt ファイルとして保存してください。

次のセクションでは、移行の種類ごとに CSV ファイルのヘッダー行でサポートされる属性について説明します。各セクションの表では、サポートされる各属性、必須かどうか、属性に使用する値の例、説明を示します。

注: 以下のセクションでは、ソース環境はユーザーのメールボックスまたはデータベースの現在の場所を示します。ターゲット環境は、メールボックスの移行先の場所またはメールボックスの移動先のデータベースを示します。

段階的 Exchange 移行

段階的な Exchange の以降を使って Exchange 2003 および Exchange 2007 のオンプレミスのメールボックスを Office 365 に移行するときは、CSV ファイルを使って移行バッチにユーザーのグループを示す必要があります。段階的な Exchange の移行を使ってクラウドに移行できるメールボックスの数に制限はありません。ただし、移行バッチ用の CSV ファイルに含めることができるのは最大 2,000 行です。2,000 を超えるメールボックスを移行するには、追加の CSV ファイルを作成し、各ファイルを使って新しい移行バッチを作成する必要があります。段階的な Exchange の移行の詳細については、「Office 365 への段階的メール移行について知っておくべきこと」を参照してください。

次の表では、段階的な Exchange の移行の CSV ファイルでサポートされる属性について説明します。

属性

必須または省略可能

指定できる値

説明

EmailAddress

必須

ユーザーの SMTP アドレス

移行されるオンプレミスのユーザー メールボックスに対応する、Office 365 でメールが有効なユーザー (または、移行を再実行している場合はメールボックス) のメール アドレスを指定します。メールが有効なユーザーは、ディレクトリ同期または別のプロビジョニング プロセスの結果として Office 365 に作成されます。メールが有効なユーザーのメール アドレスは、対応するオンプレミスのメールボックスの WindowsEmailAddress プロパティに一致する必要があります。

パスワード

省略可能

パスワードは、長さが 8 文字以上であり、Office 365 組織に適用されるパスワード制限を満たしている必要があります。

このパスワードは、Office 365 の対応するメールが有効なユーザーが移行中にメールボックスに変換されるときに、ユーザー アカウントに設定されます。

ForceChangePassword

省略可能

True または False

ユーザーが Office 365 のメールボックスに初めてサインインするときに、パスワードを変更する必要があるかどうかを指定します。

注: オンプレミスの組織に Active Directory Federation Services 2.0 (AD FS 2.0) を展開することでシングル サインオン (SSO) ソリューションを実装している場合は、この属性の値に False を使う必要があります。

IMAP 移行

IMAP 移行バッチ用の CSV ファイルには、最大 50,000 行を含めることができます。ただし、ユーザーをいくつかの小規模なバッチに分けて移行することをお勧めします。IMAP 移行の詳細については、次のトピックを参照してください。

次の表では、IMAP 移行の CSV ファイルでサポートされる属性について説明します。

属性

必須または省略可能

指定できる値

説明

EmailAddress

必須

ユーザーの SMTP アドレス。

ユーザーの Office 365 メールボックスのユーザー ID を指定します。

UserName

必須

IMAP メッセージング システム上のユーザーを示す、IMAP サーバーでサポートされる形式の文字列。

IMAP メッセージング システム (ソース環境) でのユーザーのアカウントのログオン名を指定します。ユーザー名だけでなく、IMAP サーバー上のメールボックスにアクセスするために必要なアクセス許可が割り当てられているアカウントの資格情報を使うこともできます。詳細については、「IMAP 移行バッチ用の CSV ファイル」を参照してください。

パスワード

必須

パスワードの文字列です。

UserName 属性によって指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します。

CCSV ファイルの属性値で移行バッチの値を上書きする

CSV ファイルの属性値は、EAC またはシェルで移行バッチを作成するときにその同じパラメーターに対して使われた値を上書きします。移行バッチの値をユーザーに適用する場合は、CSV ファイルの対応するセルを空白のままにします。これにより、1 つの移行バッチ内の選択したユーザーに対して特定の属性値を組み合わせることができます。

この例では、次の New-MigrationBatch コマンドを使って Office 365 にアーカイブ メールボックスを移動する、オンボーディング リモート移動移行用のバッチをハイブリッド展開で作成するものとします。

New-MigrationBatch -Name OnBoarding1 -SourceEndpoint RemoteEndpoint1 -TargetDeliveryDomain cloud.contoso.com -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\OnBoarding1.csv")) –MailboxType ArchiveOnly -AutoStart

ただし、選択したユーザーのプライマリ メールボックスも移動したいので、この移行バッチの OnBoarding1.csv ファイルの一部は次のようになります。

EmailAddress,MailboxType
user1@contoso.com,
user2@contoso.com,
user3@cloud.contoso.com,PrimaryAndArchive
user4@cloud.contoso.com,PrimaryAndArchive ...

CSV ファイルのメールボックスの種類の値は、バッチを作成するコマンドの MailboxType パラメーターの値より優先されるため、user1 と user2 については、アーカイブ メールボックスのみが Office 365 に移行されます。一方、user3 と user4 については、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスが Office 365 に移動されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×