メールボックスのバックアップを取る

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

インポート/エクスポート ウィザードを使って、ファイルにエクスポートする形でメールボックスをバックアップ (アーカイブ化) します。また、ファイルからメールボックスにデータをインポートして、復元します。

インポート/エクスポート ウィザード

  • Outlook には、メールボックスのバックアップと復元に使えるインポート/エクスポート ウィザードというツールがあります。

  • ウィザードを起動するには、[ファイル] タブ、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順にクリックします。

  • メールボックスのバックアップは、自分のコンピューターにメールボックスをエクスポートして行います。データを復元するには、そのファイルからデータをインポートしてメールボックスに復元します。エクスポートするファイルの種類は、.pst ファイル拡張子の Outlook データ ファイルです。

  • 手動アーカイブに切り替える場合は、[古いアイテムの整理] をオフにできます。

  • [ファイル] タブ、[オプション]、[詳細設定]、[自動整理の設定] の順にクリックします。[次の間隔で古いアイテムの整理を行う] をオフにして、[OK] をクリックします。

さらに詳しく

古いアイテムを手動で整理する

Outlook には、メールボックスのバックアップと復元に使用できるインポート/エクスポート ウィザードと呼ばれるツールがあります。

ウィザードを開くには、[ファイル] タブから、

[開く/エクスポート]、

[インポート/エクスポート] の順にクリックします。

メールボックスをバックアップするには、コンピューターにファイルとしてエクスポートします。

データを復元する場合は、このファイルからメールボックスにデータをインポートします。

開始するには、[ファイルにエクスポート] を選んで、

[次へ] を選びます。

エクスポートするファイルの種類は、ファイルの拡張子が .pst の Outlook データ ファイルです。[次へ] をクリックします。

ここで、メールボックスのどの部分をバックアップするのかを決めます。

たとえば、受信トレイや連絡先だけをバックアップすることができます。

[フィルター] をクリックして、エクスポートの対象をさらに絞り込みます。

たとえば、「Contoso」と入力して、

[検索対象] をクリックし、[勤務先フィールド] をクリックすると、

Contoso に勤務している人の連絡先のみバックアップされます。

フィルターを削除する場合は、[キャンセル] をクリックします。

今回は、一番上のメール アカウントを選択して、メールボックス全体をエクスポートします。

[サブフォルダーを含む] にも必ずチェックを入れるようにしてください。

[次へ] をクリックして、

[参照] をクリックします。

ここで、データ ファイルの名前を入力し、

[OK] をクリックします。

次に、これらのオプションでは、既存のデータ ファイルにエクスポートするときの、重複の処理方法を指定できます。

たとえば、次回バックアップをするときに、同じファイルをエクスポートする場合は、[重複したらエクスポートしない] を選びます。

こうすると、メールボックスでエクスポートされるのは、新しく受信したアイテムのみになります。

今回は、新しいデータ ファイルを作成しているので、どのオプションを選んでも同じです。[完了] をクリックします。

必要に応じて、ファイルを保護するためのパスワードを追加し、[OK] をクリックします。

これで、メールボックス全体が Outlook データ ファイルにダウンロードされます。

メールボックスのサイズが大きい場合は、処理に時間がかかることがあります。

次に、データの復元について説明します。

たとえば、オンライン上のメールボックスから完全に削除したメールを復元したいとします。

そのメールがバックアップされていれば、バックアップ ファイルから復元できます。

[ファイル] タブから [開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順にクリックします。

[他のプログラムまたはファイルからのインポート] を選んで [次へ] をクリックします。

[Outlook データ ファイル] を選び、[次へ] をクリックします。[参照] をクリックして、

バックアップ ファイルを指定し、[開く] をクリックします。

次に、重複の処理方法を決める必要があります。

削除したアイテムだけをインポートしたい場合は、[重複したらインポートしない] を選びます。

これで、メールボックスに既にあるアイテムはインポートされません。

[次へ] をクリックします。

ここでは、インポート元のフォルダーを選びます。

重複していないアイテムのみをインポートするので、ファイル全体を選んでもよいのですが、

ちょっと待ってください。これでは、意図的に削除したアイテムまで置き換えられてしまいます。

そうしたくないのであれば、特定のフォルダーからのみインポートするようにします。

ここでも、フィルターを使って、さらに細かく絞り込むことができます。

今回は、一番上のメール アカウントをクリックして、

[サブフォルダーを含む] にチェックが入っていることを確認し、

最後に、[以下のフォルダーにアイテムをインポートする] を選んで、メール アカウントを選びます。

[完了] をクリックします。

これで、アイテムがアカウントに追加されます。

[完了] をクリックすると、すぐに、このようなエラー メッセージが表示されます。

これは、メール プロバイダーがメールボックスへのアイテムの追加をサポートしていないからです。

このようなエラーが発生した場合は、[ファイル] タブで、[開く/エクスポート]、

[Outlook データ ファイルを開く] の順にクリックしてから、

バックアップ ファイルを選びます。

フォルダー一覧に個人用フォルダーとして開かれます。

これで、バックアップ ファイル内のアイテムにアクセスできるようになりました。

次は、メールボックスのアーカイブに使用するもうひとつのツールである自動整理機能について説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×