メールを親展としてマークする

タグ非公開として電子メールを非公開として含まれている情報を扱う必要がありますが、受信者ができるようにすることができます。ただし、何もを防ぐことや、転送、そのメッセージを印刷します。送信するメッセージが受信者が実行できるかを制限するには、Information Rights Management (IRM) を使用する必要があります。

この場合、システム管理者が IRM をインストールし、その後にユーザーが電子メールに制限を適用する必要があります。[権限] ボタンが [オプション] タブに表示されない場合、IRM が設定されていない可能性があります。

重要: Outlook 2013 RT では、IRM で保護されているメールを表示できますが、送信できません。使用している Office のバージョンを確認するには、こちらを参照してください。

電子メールの [オプション] タブの [権限] をクリックします。

[オプション] タブの [権限] をクリックします

[転送不可] 権限が設定されます (印刷も禁止されます)。また、次のメッセージが電子メールの一番上に追加されます。

[転送不可] メッセージが電子メールに追加されます。

重要: IRM では、悪意のあるプログラムやコンピューター ウイルスによるコンテンツの消去、盗難、破損、またはキャプチャおよび転送を防止することはできません。また、メッセージ内容の書き写し、入力し直し、デジタル写真の撮影、スクリーン キャプチャを防止することはできません。

ヒント: Outlook では、さまざまな権限を選択できます。リストを表示するには、[権限] ボタンの下の矢印をクリックします。

[オプション] タブの [権限] 設定

メッセージにプライベートというタグを付ける (共有や印刷は防止できません)

ユーザーに知らせるしたい非公開として、メールを処理することができるようにする場合は、ようタグことができます。メッセージの印刷時や転送を停止このしません。代わりに、「これは、プライベートとして扱ってください。」メールの上部にあるが含まれます。

プライバシー設定に関するメッセージは、電子メールを開いたときに表示されます。

  1. 電子メールで [メッセージ] をクリックし、[タグ] グループの右下にある矢印をクリックします。

[タグ] グループの下部にある矢印をクリックします。

  1. [プロパティ] ボックスの [秘密度] 矢印をクリックし、[プライベート] をクリックします。

メールの秘密度を選ぶ

プライベート メッセージにタグ付けする後にメールに変更が発生するされません。メールを受信するユーザーがこの非公開として扱ってください。最上部に表示します。

ヒント: 

  • [秘密度] オプションには、[個人用] や [社外秘] などのオプションもあります。

  • 選択したオプションによって、電子メールの受信者に異なるメッセージが表示されます。

  • 個人   をメールの上部にあるこの個人として扱ってください。を示しています。

  • プライベート   は、メールの上部にあるこの非公開として扱ってください。を示しています。

  • これは、「社外秘として扱ってください。をメール上部にある「社外秘   を表示します。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×