メールでスクリーンリーダーを使用してメールのテキストの書式を設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーンリーダーを使用して、メールメッセージのテキストを追加または編集します(_ 0z_ _) 。 ナレーターでテストしていますが、一般的なアクセシビリティの標準や手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 ここでは、フォントとフォントサイズを変更する方法と、見出しを使用してメッセージを読みやすくする方法について説明します。

注: 

この記事の内容

新しいメール メッセージにテキストを追加する

  1. メールメッセージを作成するときは、"メッセージ、編集" と読み上げられるまで tab キーを押します。 メッセージ本文にフォーカスがあたります。

    注: (z0z_)メールの作成を開始する方法については、「メールを作成して送信する」を参照してください。

  2. メッセージを入力します。

メール メッセージでテキストを編集する

  1. メールメッセージを作成するときに、メッセージ本文にフォーカスを移動します。

  2. 編集するテキストの一部を見つけるには、SR キーを押しながら↑キーまたは↓キーを押して、"単語" や "線" などの適切なナビゲーションモードが読み上げられるまで待ちます。

  3. 編集するテキストの一部またはメッセージの作成を続行する場所が読み上げられるまで、SR キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押します。

  4. テキストを編集します。

電子メールメッセージ内のテキストを選択する

メール内のテキストの一部、またはメッセージ本文内のすべてのテキストを一度に書式設定できます。

  1. メッセージの本文で、次のいずれかの操作を行います。

    • メッセージ本文のすべてのコンテンツを選択するには、ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    • テキストの一部のみを操作する場合は、「電子メールメッセージのテキストを編集する」の指示に従ってテキストを検索します。 次に、Ctrl キーと Shift キーを押しながら左方向キーまたは右方向キーを押して、単語単位でテキストを選択します。

フォントを変更する

  1. メッセージの本文で Alt キーを押して、[リボンタブ] 行にフォーカスを移動します。 現在選択されているリボンタブが読み上げられます。

  2. "選択、書式設定されたタブ項目" と読み上げられるまで、左方向キーを押します。

  3. リボンに移動するには、下方向キーを1回押します。 リボンの最初のオプション、たとえば、"オフ、太字ボタン" と読み上げられます。

  4. "フォント、折りたたまれているボタン" と読み上げられるまで右方向キーを押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押してメニューを展開します。 "ポップアップ、フォント" の後に現在のフォントが読み上げられます。

  5. 上下の方向キーを押してオプション間を移動します。 スクリーンリーダーは、移動中にそれらを読み上げます。

  6. 使用するフォントを選択したら、enter キーを押します。

フォントのサイズを変更する

  1. メッセージの本文で Alt キーを押して、[リボンタブ] 行にフォーカスを移動します。 現在選択されているリボンタブが読み上げられます。

  2. "選択、書式設定されたタブ項目" と読み上げられるまで、左方向キーを押します。

  3. リボンに移動するには、下方向キーを1回押します。 リボンの最初のオプション、たとえば、"オフ、太字ボタン" と読み上げられます。

  4. "フォント、折りたたまれているボタン" と読み上げられるまで右方向キーを押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押してメニューを展開します。 "ポップアップ、フォント" の後に現在のフォントが読み上げられます。

  5. Tab キーを 1 回押します。 "フォントサイズ" と読み上げられます。

  6. 上下の方向キーを押してオプション間を移動します。 スクリーンリーダーは、移動中にそれらを読み上げます。

  7. 使用するフォントサイズになったら、enter キーを押します。

太字、斜体、下線の書式を適用する

  1. メッセージの本文で、次のいずれかの操作を行います。

    • 太字の書式設定を適用するには、Ctrl + B キーを押します。

    • 斜体の書式設定を適用するには、Ctrl + I キーを押します。

    • 文字列に下線を引くには、ctrl キーを押しながら U キーを押します。

見出しを追加する

  1. メッセージの本文で Alt キーを押して、[リボンタブ] 行にフォーカスを移動します。 現在選択されているリボンタブが読み上げられます。

  2. "選択、書式設定されたタブ項目" と読み上げられるまで、左方向キーを押します。

  3. リボンに移動するには、下方向キーを1回押します。 リボンの最初のオプション、たとえば、"オフ、太字ボタン" と読み上げられます。

  4. "スタイル、折りたたまれているボタン" と読み上げられるまで右方向キーを押し、space キーを押してメニューを展開します。

  5. 下方向キーを押してオプション間を移動します。 スクリーンリーダーは、移動中にそれらを読み上げます。

  6. 使用する見出しスタイルを選択したら、enter キーを押します。

関連項目

メールでスクリーンリーダーを使用する基本的な作業

メールでスクリーンリーダーを使用してフォルダーを操作する

Windows 10 のメール/カレンダー アプリのキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用してメールを調査および操作する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×