スキップしてメイン コンテンツへ
Office

メールから予定表にイベントを自動的に追加する

毎日さまざまな異なるイベントがメールを経由して送られてきます。 航空券やレンタカーの予約、荷物の配送情報など、大量のOutlook あなたが追跡しておきたいかもしれない情報を受け取ります。

Outlook では、サポートされている送信者のメールから重要なイベントを自動的に取得し、予定表にアイテムを追加するため、ユーザーが手動で行う操作はありません。

注: 

  • メールからのイベントは、 Outlook、 Outlook.com、 Outlook on the webで利用できます。 Outlook.com や Office 365 アカウントなどの Microsoft アカウントでのみ使用できます。

  • この機能は、 21Vianet が運営する Office 365、 Office 365 Germany、または Office 365 Government プランのアカウントでは使用できません。

表示される内容

初めて Outlook あなた用のイベントを作成すると、加えられたイベントのリストと共に次にメッセージを受け取ります。

Outlook は、メール メッセージからイベントを作成できます

ヒント: 

  • Outlook がメールからイベントを追加できるようにするために何もする必要はありません。 この機能を無効にする場合は、「イベント設定を変更する」を参照してください。

  • 過去のイベントまたはサポートされていないプロバイダーからのイベントは、自動的に予定表に追加されません。

サポートされているイベントの種類

Outlook は、次の情報を含むイベントをメールから作成できます。

  • フライトの予約

  • ホテル予約

  • レンタル車の予約

  • パッケージ配信

  • 請求書

  • ダイニング予約

  • イベント予約-音楽、スポーツ、その他

  • サービス予約-医師の予定、車のメンテナンス、その他

サポートされているプロバイダーの完全な一覧については、「Outlook で電子メールからのイベントのサポートされている送信者」をご覧ください。 

注: 

  • フライト、自動車、ホテルの予約は、自動的に予定表に追加されます。 請求書や食事の予約などの他のイベントを、イベント設定を変更することによって予定表に自動的に追加することができます。

  • 請求書を選択した場合、 Outlook は、機械学習アルゴリズムを使用して今後の請求書を検索します。 財務情報にアクセスしたり、財務活動を追跡してこれらのイベントを見つけたりすることはありません。

  • 現在、[課金] イベントの種類は北米でのみサポートされています。

イベント設定を変更する

[メール] からイベントを有効または無効にすることができます。また、 Outlook on the web または Outlook.com のオプションを使用して、自動的に追加する情報を選ぶこともできます。 Windows 版の Outlook では、メールの設定からイベントを変更することはできませんが、イベントが自動的に作成されたときに受け取るメールには、[ Outlook on the web ] または [ Outlook.com のオプション] ページへのリンクが含まれています。

ヒント: Outlook on the web アドレスを見つけるには、[ファイル] を選びます。 [アカウント設定] の [情報] タブで、[ Web 上のアカウントにアクセス] の下にアドレスが表示されます。

注: 指示が表示と一致しない場合は、古いバージョンのOutlook on the webを使用している可能性があります。 「従来の Outlook on the web 用の手順」を試してみてください。

  1. ページの上部にある [設定 設定 ] > [Outlook のすべての設定を表示] を選びます。

  2. [予定表]、[メールからのイベント] の順に選びます。

  3. [各イベントの種類] で、次のいずれかを選択します。

    • メールまたは予定表にイベントの概要を表示しない:これらのイベントの概要カードが受信トレイに表示されず、予定表にイベントが表示されません。

    • メールに表示されるイベントの概要: これらのイベントの概要カードが受信トレイに表示されますが、これらのイベントは予定表に表示されません。

    • メールと予定表のイベントの概要を表示する: これらのイベントの概要カードが受信トレイに表示され、これらのイベントが予定表に表示されます。

既定では、メールから作成されたイベントはプライベートとしてマークされるため、詳細情報は自分にしか表示されません。 [イベントを非公開にする] チェックボックスをオフにして、イベントを公開するかどうかを選ぶことができます。

メールからイベントを復元する

Outlook で概要の受信を選択したイベントが取得されなくなった場合は、アカウントでメールからのイベントがオフになっている可能性があります。 次の手順に従って、もう一度有効にすることができます。

  1. ページの最上部で、 [設定 設定 ] > [Outlook のすべての設定を表示] を選択します。

  2. [予定表]、[メールからのイベント] の順に選びます。

  3. "メールからのイベントがアカウントで有効になっていません" というメッセージが表示される場合は、[メールからイベントを有効にする] を選択して、もう一度受信を開始します。

注: [メールからイベントを有効にする] を選択すると、過去のメッセージに対してイベントは作成されず、メールの概要も表示されません。

従来の Outlook on the web 用の手順

  1. ページ上部の [設定] 設定 を選びます。

  2. [オプション] または [メール] を選びます。

  3. 左側のサイドバーで、[予定表]、[電子メールからのイベント] の順に選びます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールのイベント機能を無効にするには、[メールから予定表にイベントを追加しない] を選択します。

    • 予定表に追加するイベントを制御するには、[飛行機の便]、[ホテルの予約]、[レンタカー]、または [荷物の配送] 、[ダイニングの予約]、[イベント]、または [請求] のそれぞれのボックスを、目的に合わせてオンとオフを切り替えます。

      注: Outlookで 一般法人向け Office 365 アカウントまたはその他の商用アカウントを使用している場合、パッケージの配信情報は予定表に自動的に追加されません。

既定では、メールから作成されたすべてのイベントはプライベートとしてマークされるため、詳細は自分にしか表示されません。 イベントを公開するかどうかを選択するには、[イベントを非公開としてマークする] チェックボックスをオフにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×