メールからサインアウトする

Outlook では、自分のアカウントからサインアウトしたり、サインイン時にパスワードを要求されたりすることはありません。そのため、コンピューターを他のユーザーと共有している場合、他のユーザーがコンピューターを使用している間は、自分のメール アカウントへのアクセスを防止する必要があります。

プライバシーを保護するには、他のユーザーにはそれぞれ別のアカウントを使用してコンピューターにサインインしてもらいます。これにより、各ユーザーが自分用にパーソナライズされた環境でコンピューターを利用でき、他の人の Outlook メールにはアクセスできないようになります。1 台のコンピューターを使用する各ユーザー用に別々のアカウントを作成する方法については、Windows 7Windows 8 または 8.1Windows 10 それぞれの「ユーザー アカウントを作成する」を参照してください。

また、使用頻度が低いユーザーの場合は、ゲスト ユーザー全員に対してローカル ユーザー アカウントを作成することもできます。

Windows からログオフする

コンピューターにログインしていて、他のユーザーにそのコンピューターを使用させる場合や、またはしばらくコンピューターから離れる場合は、Windows からサインアウトします。

  1. Ctrl + Alt + Delete を押します。

  2. [ログオフ] をクリックします。

  3. プログラムで保存されていない変更があるというメッセージが表示された場合は、保存するかどうかを選択します。

  4. コンピューターがプログラムを終了してログオフします。これには少し時間がかかる場合があります。

ログオフ後、他のユーザーは、自分のユーザー アカウントを使用してコンピューターにログオンすることができます。そのコンピューター上で他のユーザーが Outlook のアカウントを設定している場合、各自が自分のアカウントにのみアクセスできます。

重要: Outlook.com、Outlook Web App、Windows 版の Outlook 2013、Outlook 2016 はすべて同じではありません。Windows 版の Outlook 2013、Outlook 2016 はあらゆる種類のメール アカウントにアクセスできるローカル コンピューター上のプログラムであるのに対し、Outlook.com と Outlook Web App では、インターネット ブラウザー経由でメール アカウントにアクセスします。ブラウザーではメール アカウントからログオフすることができますが、Windows 版の Outlook 2013、Outlook 2016 を使っている場合は、アプリケーションの情報がコンピューター上の Windows ユーザー アカウントに保存されるので、他のユーザーがあなたのコンピューターを使用してあなたのアカウントにアクセスすると、それらの情報にアクセスできてしまいます。このため、自分のコンピューターを他の人が使用する場合は、Guest アカウントを作成することが推奨されます。他のユーザーが Guest アカウントであなたのコンピューターを使っていれば、あなたの Windows 版の Outlook 2013、Outlook 2016 情報にはアクセスできません。

関連項目

Outlook.com アカウントのサインインおよびサインアウト

Outlook Web App のサインインおよびサインアウトする

Windows 7 での Guest アカウントのオンおよびオフ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×