スキップしてメイン コンテンツへ

メール、手紙、ラベル、封筒を一括にして差し込み印刷を使用する

差し込み印刷では、各受信者に合わせてカスタマイズされた文書のバッチを作成できます。 たとえば、定型書簡では、各受信者の名前を使用して呼びかけるようにカスタマイズできます。 文書には、リスト、スプレッドシート、データベースなどのデータソースが関連付けられます。 差し込みフィールドと呼ばれるプレースホルダーは、データソースからの情報を含める文書内の位置を Word に指定します。

差し込み印刷フィールドに挿入されたデータ

作業はメインの Word 文書で行い、文書に含めるカスタマイズしたコンテンツの差し込み印刷フィールドを挿入します。 差し込み印刷が完了すると、データソース内の名前 1 つにつき 1 部ずつ、カスタマイズされた文書のバージョンが作成さます。

データ ソース

差し込み印刷を設定する最初のステップは、カスタマイズされた情報のために使用するデータのソースを選択することです。 最も一般的なデータ ソースは Excel スプレッドシートと Outlook の連絡先リストですが、Word に接続できるデータベースであれば、いずれも使用できます。 データ ソースがまだない場合は、差し込み印刷の手順の一部として、Word で入力することもできます。

データ ソースの詳細については、「差し込み印刷に使用できるデータ ソース」を参照してください。

Excel または Outlook

Excel または Outlook をデータのソースとして使用する予定がある場合は、次を参照してください。

文書の種類

Word では、データを次の種類のドキュメントに取り込むためのツールが提供されています。 それぞれの種類の詳細については、次のリンクをクリックしてください。

データ ソース

差し込み印刷を設定する最初のステップは、カスタマイズされた情報のために使用するデータのソースを選択することです。 最も一般的なデータ ソースは Excel スプレッドシートと Outlook の連絡先リストですが、データ ソースがまだない場合は、差し込み印刷の手順の一部として、Word で入力することもできます。

文書の種類

データ ソース

差し込み印刷を設定する最初のステップは、カスタマイズされた情報のために使用するデータのソースを選択することです。 最も一般的なデータ ソースは Excel スプレッドシートと Outlook の連絡先リストですが、データ ソースがまだない場合は、差し込み印刷の手順の一部として、Word で入力することもできます。

文書の種類

Word では、データを次の種類のドキュメントに取り込むためのツールが提供されています。 それぞれの種類の詳細については、次のリンクをクリックしてください。

Word デスクトップ アプリケーションで作成した差し込み印刷文書を開いた場合、Word Online ではすべての差し込み印刷の設定が維持されますが、差し込み印刷の実行や差し込み印刷の設定の編集はできません。

Word デスクトップ アプリケーションを持っている場合は、そこでドキュメントを開き、差し込み印刷を実行します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×