メモを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メモは、付せんの電子版のようなツールです。疑問、アイディア、忘れてはいけないことなど、紙に書くのと同じようにメモに記録できます。作業中は、メモを画面上に開いたままにしておけます。メモの便利なところは、他のアイテムやドキュメントで再利用したい指示や文字列など、後で必要になりそうな情報を保存しておけることです。

  1. Ctrl+Shift+N キーを押すと、任意の Outlook フォルダーからメモを作成できます。

  2. メモに残す文字列を入力します。

メモを入力

  1. 作業中はメモを開いたままにしておき、画面上の見やすい場所にドラッグして移動できます。

  2. メモを閉じるには、メモ ウィンドウの左上にあるメモ アイコン ボタンの画像 をクリックし、[保存して閉じる] をクリックします。

メモを表示したり変更するには、Ctrl+5 キーを押すか、ナビゲーション バーで ナビゲーション バーの [ナビゲーション オプション] ボタン をクリックしてから [メモ] をクリックします。その後、メモをダブルクリックして開きます。

ヒント: 随時メモ フォルダーを表示するには、 ナビゲーション バーの [ナビゲーション オプション] ボタン 、[ナビゲーション オプション] の順にクリックします。その後、[表示アイテムの最大数] ボックスの数値を 5 に変更するか、[表示する順番] ボックスで [メモ] をクリックして [上へ移動] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×