メニュー図形

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メニュー バー

メニュー バー図形は、[ファイル]、[編集]、[書式] などの主なメニュー項目の背景です。

メニュー バー図形を右クリックすると、次のコマンドが表示されます。

  • [メニュー バーのロック] では、メニュー バーの位置がロックされた状態 (アプリケーション ウィンドウ内で移動できない状態) にするか、またはロック解除された状態にするかを指定します。ロック解除した場合は、メニュー バー図形の左端に小さい点が縦一列に表示され、移動可能であることが示されます。

  • [メニュー セパレータを表示する] は、メニュー バー図形の左隅に境界線を追加し、左右に並べて配置した複数のメニュー バー図形を区切ります。

  • サイズ オプションでは、標準サイズを選択するか、またはカスタム サイズを設定できます。

最上位のメニュー項目

最上位のメニュー項目には、[ファイル][編集][書式] などがあります。これらの図形は、メニュー バー図形の接続ポイントに接着するように設計されています。

最上位のメニュー項目図形を右クリックすると、次のコマンドが表示されます。

[標準] は、現在そのコマンドは選択されていませんが、使用できる状態であることを示します。

[強調表示] は、コマンドが選択されており、かつ使用できることを示します。

[無効] は、そのコマンドを使用できないことを示します。

ヒント: 最上位のメニュー項目を選択してメニュー項目の名前を入力すると、入力したテキストに合わせて図形の幅が変化します。

ドロップダウン メニューの項目

ドロップダウン メニューの項目には、[新規作成][開く][名前を付けて保存] などがあります。これらを互いに接続して、ユーザーが最上位のメニュー項目をクリックしたときに表示される一連のコマンドを作成します。同じ列に表示されるすべてのドロップダウン メニューの項目図形は、最も幅の広い項目に合わせて幅を調整します。

ドロップダウン メニューの項目図形を右クリックすると、次のコマンドが表示されます。

[標準] は、現在そのコマンドは選択されていませんが、使用できる状態であることを示します。

[強調表示] は、コマンドが選択されており、かつ使用できることを示します。

[無効] は、そのコマンドを使用できないことを示します。

[項目選択済み] は、ドロップダウン メニューの項目の状態を変更します。

注: このオプションは、[メニュー項目のプロパティ] を選択し、[メニュー項目スタイル][チェックあり] または [ラジオ] を指定した場合のみ使用できます。

[メニュー項目のプロパティ] では、メニュー項目に別のスタイル (ラジオ ボタン、カスケード メニューなど) を指定できます。また、項目の文字の位置も変更できます 。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×