メニューとツール バーの場所

最近のバージョンの PowerPoint は、以前のバージョンと比べて外観がかなり変わっていますが、使い慣れたコマンドや機能は残っています。 現在ではこれらはすべてリボンに含まれています。リボンはメニューの一種で、今までよりも機能がわかりやすく整理されています。

まず、リボンの機能について調べてから、必要な機能を見つける方法を説明します。

リボンの使い方

PowerPoint ドキュメントを開くと、リボンが、タブと呼ばれる 1 列のラベルとして表示されます。

タブを移動すると、そのタブに対応するリボンが開き、PowerPoint の以前のバージョンではメニューやツール バーに含まれていたツールや機能が表示されます。

矢印 ブックマークの下矢印 が付いた機能をクリックすると、詳細情報やオプションが表示されます。

また、[クリップボード] グループや [フォント] グループのように、リボンのグループによっては角に起動ツール ボタンの画像 が表示されていることもあります。これらのグループをクリックすると、その機能に関連するダイアログ ボックスが開きます。[フォント] グループの起動ツールをクリックすると、[フォント] ボックスが開き、取り消し線、上付き文字、文字間隔を設定できます。

リボン タブの内容

リボン タブには、目的ごとにツールと機能がまとめられています。たとえば、スライドの見た目を良くするには、[デザイン] タブでオプションを探します。スライド上のアイテムのアニメーションを設定するツールは、[アニメーション] タブにあります。

以下に示すのは、PowerPoint の各リボン タブの内容です。

1. ホーム

PowerPoint のリボンの [ホーム] タブ

[ホーム] タブには、[切り取り] と [貼り付け]、[フォント] と [段落] のオプション、スライドの追加と整理に必要な機能があります。

2. 挿入

PowerPoint のリボンの [挿入] タブ

スライドにアイテムを追加するには、[挿入] をクリックします。たとえば、図、図形、グラフ、リンク、テキスト ボックス、ビデオなどです。

3. デザイン

PowerPoint のリボンの [デザイン] タブ

[デザイン] タブでは、テーマや配色パターンを追加したり、スライド背景の書式を設定したりすることができます。

4. 画面切り替え

PowerPoint のリボンの [画面切り替え] タブ

次のスライドへどのように変化するかは、[画面切り替え] タブで設定します。設定可能な画面切り替えのギャラリーは、[画面切り替え] グループにあります。すべて表示するには、ギャラリーの端にある [その他] ボタンの画像 をクリックします。

5. アニメーション

PowerPoint のリボンの [アニメーション] タブ

スライド上のアイテムの動きを演出するには、[アニメーション] タブを使います。[アニメーション] グループのギャラリーには、設定可能なアニメーションがたくさん表示される点に注目してください。[その他] ボタンの画像 をクリックすると、他のアニメーションが表示されます。

6. スライド ショー

PowerPoint のリボンの [スライド ショー] タブを表示する

[スライド ショー] タブでは、プレゼンテーションを他の人に表示する方法を設定します。

7. 校閲

PowerPoint のリボンの [校閲] タブ

[校閲] タブでは、コメントの追加、スペルチェックの実行、他のプレゼンテーション (以前のバージョンなど) との比較を行うことができます。

8. 表示

PowerPoint のリボンの [表示] タブ

[表示] では、作成または配信プロセスを行っている場所に応じて、さまざまな方法でプレゼンテーションを表示できます。

9. ファイル

リボンのもう一方の端は [ファイル] タブです。プレゼンテーションを開く、保存する、共有する、エクスポートする、印刷する、管理するなど、バックグラウンドで行うファイルの操作を実行できます。[ファイル] タブをクリックすると、Backstage と呼ばれる新しいビューが開きます。

[ファイル] タブの新しいページ

横の一覧から目的の操作をクリックします。たとえば、[印刷] をクリックすると、プレゼンテーションを印刷するためのオプションと設定が表示されます。[戻る] ドキュメントに戻る をクリックすると、作業していたプレゼンテーションに戻ります。

10. ツール タブ

スライドのある部分 (図、図形、SmartArt、テキスト ボックスなど) をクリックすると、カラフルな新しいタブが表示されることがあります。

PowerPoint でリボンに [描画ツール] タブを表示する

上の例では、図形またはテキスト ボックスをクリックすると [描画ツール] タブが表示されます。図をクリックすると、[図ツール] タブが表示されます。他には、[SmartArt ツール]、[グラフ ツール]、[表ツール]、[ビデオ ツール] などのタブがあります。これらのタブは、プレゼンテーションの別の部分をクリックすると、消えるか、別のタブに変わります。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×