メッセージ フラグに日付および時刻を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

フラグを使用すると、注意が必要なメッセージの識別が容易になります。受信トレイやその他のメッセージ一覧でフラグが設定されたメッセージを検索したり、一覧を並べ替えてフラグが設定されたすべてのメッセージを見つけることができます。

メッセージにフラグを割り当てると、メッセージ ヘッダーの情報バーにフラグの開始日と期限が表示されます。視認性を高めるために、フラグを設定したメッセージは To Do バーや予定表の仕事リスト (日単位) にも、日付ごとに一覧表示されます。Microsoft Office Outlook 2007 には、[今日]、[来週] など、日付が設定済みのフラグが用意されています。日付を関連付けずにフラグを割り当てることもできます。メッセージに同じ時刻や日付を頻繁に割り当てる場合は、クイック クリック フラグを使用すると、シングルクリックでアイテムにフラグを設定できます。

フラグを設定したメッセージにさらに注意を促すには、行動を取る時期を忘れないようにアラームを設定できます。

この記事の内容

[フラグの設定] メニューの [フラグの日付の動作

日付と時刻のフラグを設定します。

自分のフラグが設定されたメッセージにアラームを設定します。

他のユーザーのフラグが設定されたメッセージにアラームを設定します。

[フラグの設定] メニューでのフラグの日付の機能について

次の表は、[フラグの設定] メニューでのフラグに関する日付の機能を示しています。ただし、いずれのフラグの日付もカスタマイズでき、アラームを設定することもできます。

フラグ

開始日

期限

アラーム

今日

現在の日付

現在の日付

今日 (稼働日) の終了時刻より 1 時間前

明日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 日

現在の日付の開始時刻 + 1 稼働日

今週

現在の日付 + 2 日 (今週の稼働日の範囲内に限る)

今週の最後の稼働日

現在の日付の開始時刻 + 2 稼働日

来週

来週の最初の稼働日

来週の最後の稼働日

来週の最初の稼働日の開始時刻

日付なし

日付なし

日付なし

現在の日付

ユーザー設定

現在の日付が表示されます。必要に応じてユーザー設定の日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要に応じてユーザー設定の日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要に応じてユーザー設定の日付を選択します。


ページの先頭へ

フラグに日付および時刻を設定する

フラグを設定したメッセージに日付および時刻を設定して、行動を取る時刻に注意を促すようにすることができます。

たとえば、 [来週] のフラグが設定されたメッセージは来週の月曜日に赤色、受信トレイで表示され、[今日] セクションに記載されているアイテムが、月曜日、to do バーに表示されます。メッセージもに表示されます日毎のタスク リストを月曜日します。場合アイテムに対して、すべてのアクションを実行しないは引き続き表示されている現在の日付の両方の場所にします。削除またはフラグ付きのアイテムを完了する方法を確認します。

フラグを設定したメッセージを他のユーザーに送信することもできます。このようなフラグが設定されたメッセージは、受信者の受信トレイに表示され、情報バーに開始日、期限、およびその他のフラグ情報が表示されます。ただし、メッセージは受信者の To Do バーや仕事リスト (日単位) には表示されません。

メッセージにフラグを追加すると同時に、日付と時刻が設定されます。[フラグの設定] メニューのフラグに関連付けられた既定の日付と時刻を使用することも、必要に応じて日付と時刻をカスタマイズすることもできます。

  • メッセージにフラグを追加する

    次のいずれかの操作を行います。

    • [メッセージ] タブの [オプション] グループで、開いているメッセージでは、フラグの設定 ボタン イメージ をクリックし、[フラグ] をクリックします。

    • 受信トレイなどのメッセージ一覧でアイテムを右クリックし、[フラグ] をポイントします。次に、ショートカット メニューのフラグをクリックします。

      ヒント: 1 回のクリックでメッセージにフラグを割り当てることもできます。詳細については、「クイック クリック フラグを割り当てる」を参照してください。

  • ユーザー定義の日付を含むフラグを追加する

    1. 次のいずれかの操作を行います。

      • [メッセージ] タブの [オプション] グループで、開いているメッセージでは、フラグの設定 ボタン イメージ をクリックし、[ユーザー設定] をクリックします。

      • 受信トレイなどのメッセージ一覧でアイテムを右クリックし、[フラグ] をポイントします。次に、ショートカット メニューの [ユーザー設定] をクリックします。

    2. [開始日] および [期限] ボックスの一覧で、必要な日付を選択します。

開始日と期限は、[フラグの内容] ボックスに入力した情報と共に、メッセージ上部の情報バーに表示されます。

注: アイテムにフラグを設定しても、アイテムのアラームは設定されません。[フラグの設定] メニューの [アラームの追加] をクリックします。詳細については、後の説明を参照してください。

ページの先頭へ

フラグを設定したメッセージに自分用のアラームを設定する

その日のうちに返信が必要なメッセージはありませんか。重要な用件を忘れてしまったことはありませんか。メッセージにアラームを設定すると、必要な行動への注意を促すことができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • [メッセージ] タブの [オプション] グループで、開いているメッセージのフラグの設定 ボタン イメージ ] をクリックします。

    • 受信トレイなどのメッセージ一覧でアイテムを右クリックし、[フラグ] をポイントします。次に、ショートカット メニューのフラグをクリックします。

  2. [フラグ] メニューで、アラームの日時を選択します。

    ヒント: アラームの日付と時刻を設定すると、設定した時刻と日付はメッセージや連絡先の上部にある情報バーに表示されます。

  3. アラームに特定の日付と時刻を設定するには、[ユーザー設定の日付] をクリックします。

  4. [アラーム] チェック ボックスをオンにし、アラームの日付と時刻を選択します。

    重要: 自分用のアラームを追加したメッセージに返信すると、返信先の受信者にもアラームが送信されます。他のユーザーにアラームを送信しない場合は、メッセージを送信する前にメッセージからアラームを削除する必要があります。

    受信者用のアラームを削除します。

    1. メッセージを開いた状態で、[返信] または [全員に返信] をクリックします。

    2. そのためには、[メッセージ] タブの [オプション] で [フラグの設定] をクリックし、[受信者用にフラグを設定する] をクリックします。

    3. [受信者用にフラグを設定する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

フラグを設定したメッセージに他のユーザー用のアラームを設定する

他のユーザーに返信や行動を促すアラームを設定するには、フラグを設定したメッセージにアラームを設定して送信します。

ヒント: 他のユーザーにアラームを送信する場合は、慎重に行ってください。ユーザーによっては、仕事中にアラームが鳴るのを快く思わないことがあります。別のオプションとして、開始日と期限のフラグを設定し、[フラグの内容] ボックスに具体的な情報を含むメッセージを送信することができます。この方法を使用すると、アラームの代わりに、メッセージの情報バーに表示される情報を受信者が利用することができます。

  1. [メッセージ] タブの [オプション] グループで、新しいメッセージで[フラグの設定 ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. [フラグ] メニューの [受信者用にフラグを設定する] をクリックします。

  3. [受信者用にフラグを設定する] セクションで、アラームの種類 (既定では [ご参考までに]) を選択し、[フラグの内容] 一覧でフラグを選択します。

    たとえば、[電話してください]、[転送不可]、[ご協力お願いします]、[ご確認ください] など、アラームに添付する語句を選択できます。この情報は、メッセージの情報バーに表示されます。

  4. [アラーム] チェック ボックスの横にある一覧で、日付と時刻を選択します。

    日付と時刻を選択すると、アラームも情報バーに表示されます。

    ヒント: 自分および他のユーザー用にフラグとアラームを設定するには、[自分用にフラグを設定する] チェック ボックスをオンにし、フラグの情報を選択します。次に、アラームのオプションを選択します。

フラグが設定されたメッセージを送信した後は、受信者を管理できます。Microsoft Exchange アカウントを使用している場合は、検索し、受信した返信を追跡できます。[フラグ付きメッセージを検索するには、この機能について説明します。

ヒント: アラームの日付と時刻を設定すると、設定した日時はメッセージの上部にある情報バーに表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×