メッセージ バーの表示と非表示を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メッセージ バーには、セキュリティ警告、ワークフロー タスク、サーバー文書情報、およびポリシー メッセージが表示されます。このような場合には、重要な情報を表示するためにメッセージ バーが既定で表示されます。メッセージ バーを非表示にし、後で表示することもできます。

メッセージ バー

メッセージ バーの表示と非表示を切り替える

以下の 2007 Microsoft Office system プログラムで次の操作を行います。

Word、Excel、または PowerPoint

  • [表示] タブの [表示/非表示] で [メッセージ バー] チェック ボックスをオンにします。

    注: メッセージ バーの現在の項目がない場合は、[メッセージ バー] チェック ボックスは使用できません。

Access

  • [データベース ツール] タブの [表示/非表示] で [メッセージ バー] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×