メッセージ センターでメッセージを管理する

メッセージ センターの投稿は、新機能や変更された機能に関する重要なお知らせです。この記事では、メッセージで行うことができる操作の詳細について説明します。こうした操作は、組織内での変更管理に役立ちます。

メッセージをクリックすると、閲覧ウィンドウでそのメッセージが開きます。メッセージには、アクティブなメッセージ ビューからそのメッセージが自動的に削除される日付が、有効期限として表示されます。すべてのメッセージに、変更の概要、変更によってどのような影響を受けるか、変更に備えて組織を準備する方法が記載されています。また、追加情報を確認するためのリンクも用意されています。この追加情報は、メッセージの有効期限が切れた後も、引き続き確認することができます。

メッセージ間を移動するには、[前へ] ボタンと [次へ] ボタンを使用します。

有効期限の日付を示すメッセージの例

フィルター処理されたメッセージ ビューを選択するには、[表示] ドロップダウン メニューを使用します。

展開され、フィルターが表示されているメッセージ センターの表示メニュー

任意の列見出しをクリックすると、メッセージを昇順または降順で並べ替えることができます。たとえば、この図のメッセージは、[対応期限] の日付に基づいて並べ替えられています。

[対応期限] 列ごとに並べ替えられたメッセージ センター

他のユーザーの対応が必要なメッセージについては、メールを使って、そのメッセージの内容を任意のユーザーと共有できます。

  1. メッセージをクリックして開きます。

  2. [詳細]、[共有] の順に選択します。

  3. コンピューター上の Outlook または他のメール クライアントを、Web ページから開始できるようにします。

  4. 目的の受信者にメールが届くようにアドレスを指定し、メッセージに対するその受信者の操作に関する情報を追加して、送信します。

別の管理者をフォローアップして、変更と操作の実行について確実に知らせる必要がある場合は、メールまたはインスタント メッセージで共有リンクを作成し、たとえば、ユーザーがメッセージに直接接続されるようにします。リンクの共有先のユーザーは、組織の Office 365 の管理者である必要があります。管理者以外のユーザーが、リンクされたメッセージにアクセスすることはできません。

  1. メッセージをクリックして開きます。

  2. [詳細]、[リンクの取得] の順に選択します。

  3. Web ページがクリップボードにアクセスできるようにします。直接リンクはクリップボードにコピーされます。

  4. Ctrl キーを押しながら V キーを押すか、右クリックして [貼り付け] を選択することで、リンクを挿入します。

メッセージ センター内の未開封メッセージは太字で表示されます。メッセージを開くと、既読になります。メッセージを未読にするには、次の操作を行います。

  1. メッセージをクリックして開きます。

  2. [詳細]、[未読にする] の順にクリックします。

  3. メッセージ ボックスを閉じます。

関係のないメッセージが表示されている場合、またはそのメッセージが既に対処済みの場合は、メッセージを消去して、メッセージ センターのビューから削除します。メッセージ センターに表示されるビューは、ユーザー アカウントに固有です。したがって、ビューから消去しても、他の管理者には影響しません。メッセージを消去するには、2 つの方法があります。

  • メッセージ ID の右側に表示される [X] をクリックして、メッセージを一覧から削除します。または、

  • メッセージを開き、テキストの上部にある [消去] をクリックします。

消去したメッセージが再度必要になっても、問題ありません。

  1. [表示] ドロップ ダウン メニューから [消去済みメッセージ] フィルターを選択します。消去したメッセージの一覧が表示されます。

  2. メッセージ ID の右側にある復元アイコン [更新] アイコン をクリックすると、メッセージがアクティブなメッセージに復元されます。

メッセージ センターの概要については、「Office 365 のメッセージ センター」を参照してください。また、メッセージ センターの投稿の機械翻訳を有効にする方法については、「メッセージ センターの投稿の言語の翻訳を有効にする」を参照してください。別の方法をプログラミングして、サービス正常性の情報およびメッセージ センター通信をリアルタイムで取得する場合は、「Office 365 サービス通信 API の概要」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×