メッセージ形式を HTML、リッチ テキスト形式、またはテキストに変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メッセージの返信時または転送時に、メッセージの形式を変更できます。たとえば、他のユーザーがテキスト形式でメッセージを送信した場合、HTML またはリッチ テキスト形式でそのメッセージの返信または転送を行うことができます。

メッセージが受信者にどのように表示されるかは、受信者のメール プログラムによって異なります。たとえば、受信者のメール プログラムがメッセージを変換するように設定されている場合、HTML 形式で送信されたメッセージはテキスト形式に変換できます。

使用できるメッセージ形式の種類

Outlook ではメッセージ形式に 3 つの選択肢があります。メッセージの本文に太字や斜体のテキスト、色、箇条書き、画像を含めるかどうかに合わせて形式を選べます。

各メッセージの形式にはさまざまな利点があります。

HTML

これは Outlook の既定のメッセージ形式です。また、HTML は、さまざまなフォント、色、箇条書き、段落番号などを使用した従来のドキュメントと同様のメッセージを作成したり、メッセージ内に画像を表示したりする場合に最適な形式でもあります。

テキスト形式

この形式は、すべてのメール プログラムで使えますが、太字や斜体のテキスト、色の付いたフォント、その他の書式設定をサポートしていません。また、テキスト形式では、添付ファイルとして画像を含めることができますが、メッセージ内に画像を表示することはできません。

リッチ テキスト形式

リッチ テキスト形式 (RTF) は、次のメール アプリケーションでのみサポートされる Microsoft の形式です。

  • Microsoft Exchange Client Versions 4.0 および 5.0

  • すべてのバージョンの Outlook

Microsoft Exchange を使用する組織内でメッセージを送信する際に RTF を使用することはできますが、HTML 形式を使用することをお勧めします。実際に、RTF メッセージを組織外のユーザーに送信する場合、Outlook では自動的にメッセージを HTML に変換するため、メッセージの形式と添付ファイルが維持されます。また、Outlook は、投票ボタンを含むメッセージの書式を自動的に設定し、タスクと会議出席依頼を iCalendar 形式に変換します。

RTF では、テキストを箇条書きにしたり、テキストを揃えたり、リンク オブジェクトの追加などの他のオプションを使用したりすることができます。RTF メッセージの添付ファイルは、メッセージ本文内にアイコンとして表示されます。ただし、HTML メッセージの場合、添付ファイルはメッセージの件名ヘッダーの下に表示されます。

実行する操作を指定してください。

テキスト形式のメッセージを HTML に変更することができます。

  1. メッセージで、[返信]、[全員に返信]、または [転送] をクリックします。

  2. 閲覧ウィンドウで作業している場合は、[ポップアウト] をクリックします

    注: 閲覧ウィンドウで作業していない場合、この操作は必要ありません。

  3. メッセージ ウィンドウで、[書式設定]、[HTML] の順にクリックします。

    メッセージの [書式設定] タブの [HTML] 形式オプション

その他のオプション

  • メッセージをリッチ テキスト形式に変更する場合は、[リッチ テキスト] をクリックします。

  • メッセージを HTML またはリッチ テキスト形式からテキスト形式に変更する場合は、[テキスト] をクリックします。

注: すべてのメールをテキスト形式で読み取るように設定している場合は、返信もすべてテキスト形式で送信されます。ただし、形式はメッセージごとに変更できます。

  1. メッセージを作成します。

  2. 閲覧ウィンドウで作業している場合は、[ポップアウト] をクリックします

    注: 閲覧ウィンドウで作業していない場合、この操作は必要ありません。

  3. メッセージ ウィンドウで、[書式設定] を選び、[HTML]、[テキスト]、または [リッチ テキスト] の順に選びます。

    [書式設定] タブのメッセージ形式オプション

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[メール] の順に選びます。

  2. [メッセージの作成] の [次の形式でメッセージを作成する] ボックスで、[HTML]、[テキスト形式]、または [リッチ テキスト形式] をクリックします。

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[メール] の順に選びます。

  2. [メッセージの作成] の [次の形式でメッセージを作成する] リストで、[HTML]、[リッチ テキスト] または [テキスト形式] の順にクリックします。

インターネット電子メール アドレスの連絡先に適用するメッセージ形式を指定できます。たとえば、melissa@contoso.com に送信されるすべてのメッセージをテキスト形式にする場合は、Melissa の Outlook の連絡先にその情報を追加できます。

  1. Outlook の連絡先を開きます。

  2. [電子メール] ボックスで、電子メール アドレスをダブルクリックします。

  3. [このユーザーと連絡をとるためのその他のオプションを表示します] をクリックします。

    このユーザー コマンドが強調表示された操作について、その他のオプションを表示したクイック連絡先カード

  4. [Outlook のプロパティ] をクリックします。

  5. [インターネット形式] リストで、[テキスト形式で送信] または [Outlook リッチ テキスト形式で送信] をクリックします。既定では、最適な送信形式 (通常は HTML 形式) が選択されているかどうかは、Outlook で判断します。

注: ユーザーが形式を変更できるのは、メッセージが SMTP メール アドレスを持つ連絡先に送信される場合のみです。SMTL メール アドレスは、@ 記号を含むもの (melissa@contoso.com など) として特定することができます。Exchange Server アカウントを使い、組織内の他のユーザー (このユーザーも Exchange Server アカウントを使っている) に送信する場合、この機能は使えません。

特定のメッセージのメッセージ形式だけを変更するには、次の操作を行います。

  1. 新しいメッセージを作成します。

  2. メッセージ ウィンドウで、[テキストの書式設定] タブの [形式] グループにある [HTML]、[リッチ テキスト] または [テキスト形式] をクリックします。

メッセージの返信時に、Outlook では元のメッセージの形式が保持されます。ただし、[すべての標準メールをテキスト形式で表示する] オプションが選ばれている場合、Outlook では返信はテキスト形式で書式設定されます。情報バーをクリックし、メッセージの形式を HTML またはリッチ ​​テキストに変更してから返信することもできます。メッセージの形式を変更すると、返信は新しい表示形式で書式設定されます。

選択したメッセージ形式を新しいすべての電子メール メッセージで使用できるように、Outlook を構成できます。

  1. [ツール] メニューで、[オプション] をクリックし、[メール形式] タブをクリックします。

  2. [このメッセージ形式で作成する] リストで、目的の形式をクリックします。

  1. 受信者の連絡先カードを開きます。

  2. [電子メール] ボックスで、受信者の電子メール アドレスをダブルクリックします。

  3. [インターネット形式] リストで、この受信者へのメッセージに使用する形式を選びます。

注: 形式を変更できるのは、メッセージが SMTP メール アドレスを持つ連絡先に送信される場合のみです。SMTP メール アドレスには、barbara@contoso.com などのように @ 記号が含まれています。Exchange アカウントを使い、組織内の他のユーザー (このユーザーも Exchange アカウントを使っている) に送信する場合、この機能は使えません。

  1. 新しいメッセージを作成します。

  2. メッセージを開き、[メッセージ オプション] タブの [書式] グループで、使用する形式 ([テキスト形式]、[HTML]、または [リッチ テキスト]) をクリックします。

ほとんど、受信者を可能性がありますに通知を送信した電子メール メッセージが winmail.dat と呼ばれる添付ファイルのあるメッセージとしてしてもらうに表示されます。この問題は、受信者のメール プログラムが正しく解釈することはできませんが、リッチ テキスト メッセージ形式を使用している場合に発生します。メッセージをもう一度送信 HTML またはテキスト形式のいずれかを使用します。

  1. [ツール] メニューで、[オプション] をクリックし、[メール形式] タブをクリックします。

  2. ] で [書式設定のメッセージ一覧で、 [このメッセージ形式で作成するには、 HTMLまたはテキスト形式をクリックし、[ OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×