メッセージを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[メッセージ履歴] ウィンドウを開くには、[ファイル] タブの [情報] をクリックします。次に、[メッセージと連絡先] をクリックし、[メッセージ履歴] をクリックします。

[メッセージ履歴] では、[受信トレイ] (受信メッセージ)、[送信済みアイテム]、および [すべて] のいずれかをクリックして、メッセージを表示できます。列見出しをクリックすると、一覧を並べ替えることができます。選択したメッセージのテキストはプレビュー ウィンドウに表示されます。 キーまたは キーを使用すると、メッセージ間をすばやく移動できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

メッセージの履歴について

メッセージングのメッセージ履歴からのアクティビティを開始します。

メッセージの履歴] で検索します。

SharePoint ワークスペースの外部で使用するため、メッセージの履歴を保存します。

メッセージ履歴について

メッセージ履歴には、次のアイテムが保存されます。

  • 送受信したすべてのメッセージ

    受信メッセージを開くと、そのメッセージは [メッセージを読む] ウィンドウに表示されます。

    送信済みメッセージを選択すると、そのテキストがプレビュー ウィンドウに表示されます。送信済みメッセージの添付ファイルを開くことはできません。

  • 受信したがまだ承諾または拒否していないすべての招待

    招待を開くと、その招待が [招待に返信] ウィンドウに表示されます。招待を承諾または拒否すると、メッセージ履歴から削除されます。ただし、承諾または拒否せずに招待を閉じると、引き続きメッセージ履歴に保存されます。

    招待者が招待を承諾または拒否するときに返信メッセージを含める場合、この返信は招待メッセージとしてメッセージ履歴に表示されます。招待への返信のテキストは、プレビュー ウィンドウでのみ表示できます。

    メッセージ履歴には、送信した招待が保存されません。

    SharePoint Workspace のインジケーターメッセージ履歴に表示されるインジケーターの説明を表示するを参照してください。

ページの先頭へ

メッセージ履歴からメッセージ処理を開始する

メッセージ履歴では、新しいメッセージの作成、既存メッセージの返信または転送、メッセージの表示方法の変更、およびメッセージの印刷を実行できます。

  • 新しいメッセージを作成するには、メッセージの送信] ウィンドウを開くには、 [メッセージの送信] ウィンドウ アイコン をクリックします。

  • 一覧でメッセージを開く] を選択し、[ [メッセージを開く] アイコン ] をクリックします。(送信したメッセージ) などを開くことができないメッセージ、[開く] ボタンは使用できません。

  • 、メッセージの送信者のみに返信するのには、選択し、 [メッセージに返信] アイコン返信するメッセージ ウィンドウを開く] をクリックします。

  • メッセージの差出人とすべてのメッセージの受信者に返信するを選択し、 [メッセージへ返信] ウィンドウ、すべての受信者返信するメッセージ ウィンドウを開く] をクリックします。

  • メッセージを転送する] を選択し、[ [メッセージの転送] アイコン ] をクリックします。

  • リスト内のメッセージを削除するには、選択を [メッセージを削除] アイコン をクリックします。

  • メッセージの表示方法を変更するには、[表示] ボックスで [受信トレイ]、[送信済みアイテム]、または [すべて] を選択します。

  • メッセージを印刷するには、選択し、[ [メッセージを印刷する] アイコン ] をクリックします。

    注: 一度に印刷できるメッセージは 1 つだけです。

ページの先頭へ

メッセージ履歴で検索する

メッセージ履歴では、特定の文字列が含まれるメッセージを検索できます。

  1. 検索するメッセージが含まれるビューを選択します。

  2. [ [メッセージの検索] アイコン を] をクリックします。

  3. [検索] ダイアログ ボックスで、メッセージ内の検索する文字列を入力します。

  4. 大文字小文字の区別や語句の完全一致で検索を絞り込む場合は、オプションを選択します。

  5. [次を検索] または [前を検索] をクリックします。

    SharePoint Workspace では、指定した文字列を含む次のメッセージまたは前のメッセージが検出されます。検索文字列との一致が見つからない場合は、メッセージ履歴の先頭から検索を繰り返すかどうかを確認するメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

SharePoint Workspace 以外でも使用できるようにメッセージ履歴を保存する

Microsoft SharePoint Workspace 2010 では、外部で使用する目的でメッセージ履歴を保存することはできません。メッセージの表示および操作は、SharePoint Workspace 内でのみ可能です。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×