メッセージを作成するときに、フォントを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

テキストのフォントや色、スタイルを変更して、メッセージにセンスを加えたい場合があります。

  • [メッセージ] タブの [基本テキスト] グループで、次の操作を簡単に行えます。

    • フォントとサイズを変更する。

    • 増分でサイズを調整する。

    • スタイル (太字、斜体、下線) を変更する。

    • リストの書式 (箇条書きまたは段落番号) を変更する。

    • インデントを変更する。

    • 蛍光ペンを追加、削除、または変更する。

    • 色を変更する。

    • 配置 (左、中央、または右) を変更する。

    • フォントの書式設定をすべて削除する。

      メッセージ リボンの基本テキスト グループ

  • [テキストの書式設定] タブの [フォント] グループで、次の操作を簡単に行えます。

    • フォントとサイズを変更する。

    • 増分でサイズを調整する。

    • 大文字/小文字を変更する。

    • フォントの書式設定をすべて削除する。

    • スタイル (太字、斜体、下線、取り消し線、下付きや上付き) を変更する。

    • 蛍光ペンを追加、削除、または変更する。

    • 色を変更する。

      テキスト リボンの書式設定

  • テキストを選ぶと表示されるミニ ツール バーで、次の操作を簡単に行えます。

    • フォントとサイズを変更する。

    • 増分でサイズを調整し、スタイルを選ぶ。

    • 書式のコピー/貼り付けを使用する。

    • スタイルを変更する。

    • スタイル (太字、斜体や下線) を変更する。

    • 蛍光ペンを追加、削除、または変更する。

    • 色を変更する。

    • リストの書式 (箇条書きまたは段落番号) を変更する。

      メッセージ テキストの書式設定をするミニ ツール バー

  • [テキストの書式設定] タブの [スタイル] グループで、スタイルを選んだり変更できます。

    テキスト リボンの書式設定でのスタイル グループ

スタイルが見つかった場合

自分に合ったフォントや色、スタイルの組み合わせが見つかった場合は、すべてのメッセージに使えるようにメッセージに使う既定のフォントやテキストの色を変更したいことがあります。保持したい組み合わせがあるが常に使わない場合は、ひな形として保存するといつでも使えます。「ひな形を作成する方法」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×