メッセージの有効期限を設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

時間的制約のあるメッセージを送信する場合は、期限が過ぎた後で受信者が返信のために時間を無駄に使うことがないよう有効期限を設定します。

  1. [オプション] をクリックします。

  2. [その他のオプション] で [メッセージのオプション] ダイアログ ボックス起動ツール リボンにあるダイアログ ボックス起動ツールのボタン をクリックします。

    リボン上の [その他のオプション] グループ

  3. [配信オプション] で [期限切れ日時の指定] をオンにし、日付と時刻を選びます。

有効期限が経過してもメッセージは取り消し線が付いた状態でメッセージ一覧に引き続き表示されます。メッセージを開くことは引き続きできますが、取り消し線が表示されるので、期限切れまたは不要になったメッセージであることが視覚的にわかります。

有効期限が切れたメッセージを受信トレイから削除する

現在有効期限が切れていて、取り消し線付きのメッセージリストに表示されている1つ以上のメッセージを受信した場合は、それらを選択し、リボンの [削除] をクリックするか、キーボードの delete キーを押して削除できます。有効期限が切れたメッセージを自動的に削除する方法はありません。

送信するすべてのメッセージに有効期限を追加する

メッセージが送信された後、ある日数の有効期限を自動的に追加するように Outlook を設定することができます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. 左側のウィンドウで [メール] を選びます。

  3. 下にスクロールしてメッセージを送信します。

  4. [この何日後にメッセージを期限切れとしてマークする] チェックボックスをオンにして、1 ~ 99 の日数を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

受信したメッセージに有効期限を設定する

受信したメッセージに有効期限を設定できます。

  1. メッセージをダブルクリックして開きます。閲覧ウィンドウで有効期限を設定することはできません。

  2. [ファイル]、[プロパティ] の順に選びます。

  3. [配信オプション] で [期限切れ] のチェックボックスをオンにし、メッセージの有効期限が切れるまでの日付と時刻を選択します。

  4. [閉じる] をクリックし、メッセージの左上隅にある [保存] ボタンをクリックして、有効期限を保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×