メッセージに表を追加する

メッセージに表を追加する

手動でスペースを使ってテキストを行と列の形式に並べてみたことがあるならば、それがどれほどイライラする作業かわかるでしょう。タブは手始めにはとてもよいのですが、表を使えば人目を引くスタイルを含める機能を追加できます。式や計算を含む Excel スプレッドシートを使えば、表をさらに有効活用できます。

電子メール メッセージに追加した表の例

  1. メッセージ内で表を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入]、[] の順にクリックします。

リボン上の [表の挿入]

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 表のグリッドをクリックし、新しい空の表に作成する行と列の数を設定します。

    • 基本的な表テンプレートを利用する場合は、[表の挿入] をクリックします。

    • 表のセルのサイズを変更することができるポインターを表示するには、[罫線を引く] をクリックします。

    • メッセージにスプレッドシートを追加するには、[Excel スプレッドシート] をクリックします。これはメッセージ内に Excel の縮小バージョンを追加するようなもので、式の追加と計算の実行が可能です。サイズを変更するには、右下端にあるハンドル ポイントを使います。

    • [クイック表作成] をポイントし、目的の表をクリックします。表の内容を独自のものに入れ替えます。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×