スキップしてメイン コンテンツへ

メッセージが送信されない

最終更新日: 2017 年 4 月 12 日

たくさんのメッセージが Outlook 送信トレイに表示される場合や、自分が送信したメッセージを他のユーザーが受信していない場合は、問題を解決するため、次の方法を試してください。 最も簡単な方法から詳細な方法の順序で紹介します。

Outlook の送信トレイに残っているメッセージを示すスクリーン ショット

一般法人向け Office 365 をお使いの場合、Microsoft が問題の解決をお手伝いします

Microsoft サポート/回復アシスタント を実行して、Microsoft に問題の解決を任せることができます。 サポート/回復アシスタント をお使いでない場合、または アプリで問題が解決されない場合は、次のセクションを参照してください。

問題を解決する
Microsoft Office 365 サポート/回復アシスタントで Outlook と Office 365 の問題を解決する

[切断]、[オフラインで作業中]、または [接続中...] が表示されている場合、Outlook はメール サーバーに接続してメールを送信することができません。

Outlook がそのメール サーバーから切断されていることを示す Outlook ステータス バー

オフライン モードとオンライン モードを切り替えるには、[送受信]、[環境設定]、[オフライン作業] の順に選択します。 メッセージを開いてもう一度送信するか、[送受信] を選ぶ必要がある場合があります。

Outlook 2013 の [オフライン作業]

問題が解決しない場合は、次のセクションを参照してください。

インターネットへの接続が切断した場合は、Outlook でメッセージを送信することはできません。

  1. Internet Explorer、Microsoft Edge、または Chrome などのブラウザーを開きます。

  2. アドレス バーに次の Web サイトのいずれかを入力してください。

    1. http://www.microsoft.com

    2. http://www.bing.com

  3. これらの 2 つの Web サイトのどちらも表示できない場合は、Internet Explorer でネットワーク接続の問題のトラブルシューティングを参照してください。

問題が解決しない場合は、次のセクションを参照してください。

一部のメール プロバイダー (ISP または Gmail など) では、特定のサイズよりも大きいメッセージを送信することはできません。 画像や大きな添付ファイルをメッセージに添付すると、そのメッセージ (およびサイズの大きいメッセージの後に送信されたメッセージ) を送信できないことがあります。

[送信トレイ] に移動して、残っているメール メッセージを開きます。 一番古いメッセージから始めます。 そのメッセージに 5 MB を超える添付ファイルがある場合、その添付ファイルを削除して、より小さいファイルを添付するか、その添付ファイルへのリンクを添付します。 添付ファイルの詳細については、「Attach a file to an email in Outlook」 (Outlook でメールにファイルを添付する) を参照してください。

その後、もう一度メッセージを送信してみます。 問題が解決しない場合は、次のセクションを参照してください。

Web サイトでメール アカウントのパスワードを変更した場合は、Outlook でも変更する必要があります。

  1. [ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

  2. [電子メール] タブでメール アカウントを選択し、[変更] を選びます。

  3. [パスワード] ボックスに新しいパスワードを入力し、[次へ]、[閉じる]、[完了] の順に選びます。

    POP3 または IMAP アカウントのパスワードの変更

注: ネットワークへのログオンに使用するのと同じ資格情報を使用してメール アカウントにサインインすると、ここに示されている画面は表示されません。 Windows ネットワークのパスワードを変更して、メールのパスワードを変更する必要があります。 Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del キーを押し、[パスワードの変更] をクリックし、Windows の指示に従ってください。

パスワードを変更すると、メッセージを開いてもう一度送信しなければならない場合があります。

ウイルス対策プログラムによっては、メールのスキャンを実行します。 ウイルスが見つかった場合、ウイルス対策ソフトウェアがウイルスをクリーンアップするまで、メールを送受信できないようにすることがあります。

場合によっては、Outlook プログラムを修復する必要があります。 修復する単純なプロセスですが、完了するまでに 30 分かかる場合があります。 詳細については、「Office アプリケーションを修復する」を参照してください。

プロファイルは、Outlook の動作を制御する設定のグループです。 アカウント、オートコンプリート情報、名前、イニシャルの一覧が含まれています。 Outlook プロファイルを修復するか新規に作成するには、「プロファイルを修復することで、Outlook のメール接続の問題を解決する」を参照してください。

場合によっては、Outlook のいずれかのアドインがクラッシュし、メール メッセージを送信できなくなることがあります。 すべてのアドインを無効にするには、セーフ モードで Outlook を起動します。 Outlook がセーフ モードになっているときにメールを送信できる場合は、新しい Outlook メール プロファイルを作成すると、もう一度メールを送信できます。

セーフ モードで Outlook を起動するには、Windows キーをクリックします。 検索ボックスに「outlook.exe/safe」と入力し、Enter キーを押します。

新しいメール プロファイルの作成の詳細については、「Outlook のプロファイルの作成」を参照してください。

多くの種類のメール アカウントでは、Outlook は、個人用フォルダー ファイル (.pst ファイル) にメッセージを格納します。 このファイルを修復するには、受信トレイ修復ツールを実行します。 この修復には約 15 分かかります。 詳細については、「Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst) を修復する方法」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×