メッセージからフラグまたはアラームを削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

アラームまたはフラグを削除すると、事実上「気にしなくていい。このメッセージに特別な注意は必要ない」と言っていることになります。

フラグを削除する

メッセージ一覧で、メッセージにフラグが表示されます。

  1. メッセージの一覧で、メッセージ フラグを右クリックします。

  2. [フラグをクリア] をクリックします。

    メッセージの一覧の右クリック メニューの [フラグをクリア]

メッセージが専用のウィンドウで開いている場合は、[メッセージ] の [フラグの設定] で [フラグをクリア] をクリックします。

リボンの [フラグをクリア]

フラグを削除すると、アラームも削除されます。

アラームを削除する

アラームは、アクションが必要なときに表示されるポップアップ アラートです。

  1. メッセージの一覧で、メッセージ フラグを右クリックします。

  2. [ユーザー設定] をクリックします。

  3. [アラーム] ボックスをオフにします。

    アラーム、開始日、期限を設定する [ユーザー設定] ダイアログ ボックス

メッセージが専用のウィンドウで開いている場合は、[メッセージ] の [フラグの設定] で [ユーザー設定] をクリックし、[アラーム] ボックスをオフにします。

完了したメッセージを管理する

アラームまたはフラグを削除またはクリアすると、メッセージが To Do アイテムであったという印はなくなります。 フラグが設定されたメッセージに必要なアクションを完了したというインジケーターが必要な場合は、代わりに完了とマークします。 フラグがチェック マークになります。 [タスク] では、ビューを変更して完了したすべてのアイテムを表示できます (アイテムが削除されるまで)。

  1. メッセージの一覧で、メッセージをクリックします。

  2. フラグを右クリックします。

  3. [進渉状況を終了にする] をクリックします。

メッセージの一覧の右クリック メニューの [進渉状況を終了にする]

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×