メッセージからタスクを作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

電子メール メッセージの内容に基づいてタスクを作成する場合は、すべての情報を入力し直す必要はありません。代わりに、メッセージをクリックして、 ナビゲーション バーのタスクにドラッグします。

メッセージの内容 (添付ファイルを除く) が新しいタスクの本文にコピーされます。この方法で作成されたタスクは、タスクを一から作成した場合と同じですが、メッセージの内容が自動的に新しいタスクに追加されるため、時間を節約できます。他のタスクと同じように、期限の追加、アラームの追加、他のユーザーへのタスクの割り当てを行うことができます。

ヒント:  さらに、連絡先、予定表アイテム、およびノートを ナビゲーション バー にドラッグしてタスクを作成することもできます。

メッセージからのタスクの作成とメッセージのフラグ設定

電子メール メッセージにフラグを設定すると、メッセージが [タスク] の [タスク一覧] とタスク プレビューに表示されます。一方、メッセージを削除した場合、[タスク] の [タスク一覧] とタスク プレビューからもメッセージが削除されます。メッセージにフラグを設定しても、別個のタスクが作成されるわけではありません。

上の手順でメッセージからタスクを作成することで、新しい別個のタスクはメッセージから独立したものとなります。元のメッセージを削除しても、コピーされたメッセージの内容を含めてタスクは残ります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×