メタデータ プロパティのマッピングを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メタデータ プロパティのマッピングでは、クロール時にドキュメントから抽出したプロパティ ("クロールされたプロパティ" という) を、ユーザーが検索クエリで使用できる管理プロパティにマッピングします。

たとえば、3 種類のドキュメントがあり、作成者を表すプロパティの名前がそれぞれ異なっているとします。このプロパティの名前が、ある種類のドキュメントでは "author"、もう 1 つでは "writer"、もう 1 つでは "property3" だとします。これらのクロールされたプロパティを管理プロパティ Author にマッピングすると、ユーザーが author についてクエリを実行することでこれら 3 種類のドキュメントから適切な結果が含まれるようになります。クロールされたプロパティではなく、管理プロパティのみを検索できます。

メタデータ プロパティのマッピングを管理するには、最初に [メタデータ プロパティのマッピング] ページを開きます。そのためには次のように操作します。

  • [検索管理] ページの [クエリと結果] で [メタデータのプロパティ] をクリックします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

管理プロパティを追加します。

管理プロパティを編集します。

管理プロパティを削除します。

クロールされたプロパティをマッピングします。

管理プロパティを追加する

  1. [メタデータ プロパティのマッピング] ページの [新しい管理プロパティ] をクリックします。

  2. [新しい管理プロパティ] ページの [名前と種類] セクションの [プロパティ名] ボックスに、新しい管理プロパティの名前を入力します。

  3. [説明] ボックスに、プロパティの説明を入力します。

  4. [このプロパティの情報の種類] で、次のいずれかの中から、プロパティに応じた適切なものを選択します。

    • [テキスト]

    • [整数]

    • [10 進数]

    • [日付と時刻]

    • [はい/いいえ]

  5. [クロールされたプロパティへのマッピング] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • [マップ済みのクロールされた全プロパティから値を取り込む]     対象のドキュメントについて、すべてのクロールされたプロパティの値をマッピングする場合、このオプションを選択します。クロールされたすべてのプロパティがマッピングされているドキュメント内のプロパティを、クエリで検索した場合は、マッピングされているクロールされたプロパティのいずれかが一致すると結果が返されます。

    • [指定の順序に基づいて、クロールされた単一のプロパティから値を取り込む]     単一の値のみをマッピングする場合はこのオプションを選択します。クロールされた複数のプロパティが単一の管理プロパティにマッピングされる場合には、指定のドキュメントに対して値を持つ、一覧で先頭にあるプロパティが選択されます。一覧を並べ替えるには、[上へ] と [下へ] を使用します。

  6. [マッピングの追加] をクリックして、マッピングを一覧に追加します。

  7. [クロールされたプロパティの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。次のように設定を構成します。

    • [カテゴリの選択] メニューで、[すべてのカテゴリ] または特定の種類のドキュメント カテゴリ (たとえば、[Office] や [XML]) をクリックします。

    • [クロールされたプロパティの選択] で、追加する管理プロパティにマップする、クロールされたプロパティを選択します。

      クロールされたプロパティの一覧は長くなることが多いので、目的のプロパティの名前 (または名前の先頭部分) を [クロールされたプロパティの名前] ボックスに入力して [検索] をクリックできます。

    • [OK] をクリックします。

  8. このプロパティを検索範囲の定義で使用できるようにする場合には、[新しい管理プロパティ] ページの [範囲で使用] セクションで [範囲内でこのプロパティを使用できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 範囲に使用する予定のプロパティについてのみ、このチェック ボックスをオンにしてください。範囲に使用するプロパティが増えると、インデックスのサイズが大きくなり、そのような状態はできる限り避ける必要があります。

  9. [OK] をクリックします。

  10. 変更が有効になるのは次回のフル クロール後であることを通知するメッセージ ボックスで、[OK] をクリックします。

    注: プロパティのマッピングに加えた変更は、該当するドキュメントについては、クロールの種類に関係なく、ドキュメントがクロールされるとすぐに有効になります。フル クロールを行うと、変更がインデックス全体に確実に適用されます。

ページの先頭へ

管理プロパティの編集

管理プロパティの編集は、クロールされたプロパティをマッピングするときなどに行います。

  • [メタデータ プロパティのマッピング] ページの [管理プロパティ ビュー] の一覧で、編集する管理プロパティのメニューの [プロパティの編集/マップ] をクリックします。

    管理プロパティの追加] セクションで、新しいマッピングを追加する方法など、管理プロパティの設定についての情報が表示されます。

ページの先頭へ

管理プロパティを削除する

管理プロパティを削除すると、次のようになります。

  • ユーザーは、このプロパティを使用してクエリできなくなります。

  • このプロパティをルールで使用している範囲は損なわれます。

  • このプロパティを使用しているカスタムの検索アプリケーションや Web パーツは動作しなくなります。

管理プロパティを削除するには、次の操作を行います。

  • [メタデータ プロパティのマッピング] ページの [管理プロパティ ビュー] ボックスで、削除する管理プロパティのメニューの [削除] をクリックします。

ページの先頭へ

クロールされたプロパティのマッピング

クロールされたプロパティを編集すると、クロールされたプロパティを管理プロパティにマッピングできます。

  1. [メタデータ プロパティのマッピング] ページの [クロールされたプロパティ] をクリックします。

  2. [クロールされたプロパティのビュー] の一覧で、クロールされたプロパティが属するカテゴリをクリックします。

  3. クロールされたプロパティの一覧で、編集する対象のプロパティのメニューの [プロパティの編集/マップ] をクリックします。

  4. [クロールされたプロパティの編集] ページの [管理プロパティへのマッピング] セクションで、[マッピングの追加] をクリックします。

  5. [管理プロパティの選択] ダイアログ ボックスで、次のように設定を構成します。

    1. [管理プロパティの選択] ボックスで管理プロパティを選択し、[OK] をクリックします。

    2. [OK] をクリックします。

  6. 検索インデックスにそのクロールされたプロパティの値を含める場合、[クロールされたプロパティの編集] ページの [このプロパティの値を検索インデックスに取り込む] チェック ボックスをオンにします。このオプションを選択すると、全文検索を行うときに、クロールされたプロパティの値が検索可能になります (通常は、プロパティによる検索を行うときのみ、クロールされたプロパティが検索可能になります)。

  7. [OK] をクリックします。

  8. 変更が有効になるのは次回のフル クロール後であることを通知するメッセージ ボックスで、[OK] をクリックします。

    注: 変更の適用は、実際には、クロール中にドキュメントごとに行われます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×